2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【捏造】30バンチ事件の嘘【死人に口なし】

1 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 10:01 ID:ZMOafo/H
最近の調査によると、ティターンズによる30バンチ事件は捏造であったそう。
また、サイド2へのG−3ガス注入作戦やコロニーレーザー発射は、
エゥーゴによるもの、またはネオジオンの捏造だという。

もう俺たちは騙されない。南京大虐殺、東京大空襲、ホロコースト、
スターリンの強制収容所、ポル・ポトの大虐殺、旧ユーゴの民族浄化、
みんな自称被害者たちの政治的弱者を装うプロパガンダだ。


参考文献
「G−3ガスと30バンチ事件のうそ」(民明書房)
「二重スパイ、レコア・ロンド」(民明書房)
「エゥーゴの真実」(赤日新聞出版社)

2 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 10:04 ID:???
とりあえず連邦には謝罪と賠償を要求するニダ

3 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 10:07 ID:???
【30バンチ事件】
そもそも、サイド2には30バンチなどというものはない。
30バンチは、鉱山用の採掘コロニーで、0084年には廃棄されていた。

【グリプス戦役におけるG−3ガス注入】
記録には、指揮官レコア・ロンド少尉の名前しか残っていない。
エゥーゴはレコア・ロンドはティターンズに寝返っていたと主張するが、それは嘘。
レコアはティターンズの仕業に見せかけるためにわざと寝返った。
現に、この作戦を命じたティターンズの文章は一個もでていない。

【コロニーレーザー発射事件】
これは、0089年にネオジオンによって、この事件の時期が早められて報道されたために
起きた誤解。
本当はネオジオンによって行われたのだが、それをティターンズになすりつけた。

【フォン・ブラウン市街戦事件】
ティターンズのアポロ作戦直後にエゥーゴとの交戦でフォン・ブラウンで
MS戦闘が起こり、市民数万人が死亡した事件。
最初にフォン・ブラウンに飛び込んだのは、ヤザン大尉とされているが、
本当はエゥーゴのメタスであった。

他にもあるはず。

4 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 10:11 ID:ZMOafo/H
失敗に終わったとされるサイド2の第25バンチへのG−3ガス作戦
(ガディ・キンゼー少佐、ジェリド中尉指揮とされる)も、
本当はエゥーゴのアーガマによる毒ガス注入をティターンズが防いだという、
全く逆なのが史実。

当時、サイド2はティターンズの強い影響下にあり、ティターンズは
毒ガスを注入する必要はない。
そもそも、G−3ガスはアナハイム・エレクトロニクスが殺虫剤として
開発していたもの。それをティターンズが使うのは不自然。

5 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 11:19 ID:???

                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< たねたねたねたね!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚ )< たねたねたねたね!
 SEED〜〜〜!   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
                    ̄

6 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 12:50 ID:???
現実とアニメの区別もつかなくなったか

7 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 13:40 ID:???
ネタスレにマジレスw

昔あった 一年戦争論 みたいなもんだろ

8 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 14:54 ID:???
ここはアースノイドなインターネットですね

9 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 15:58 ID:???
まあ、確かに資料によって犠牲者の数がまちまちだったりするんだよね〜

10 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 18:51 ID:mioF0E1Q
ちなみにエゥーゴ(とAE社)はグリプス戦役で大量のMSを売りさばくのと同時にその実戦データを取るのに成功した。

11 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 18:52 ID:mioF0E1Q
というか本当に>>1のような資料あるのか。

12 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 18:56 ID:mioF0E1Q
エゥーゴ陰謀説が信憑性を帯びてきたぞ。

13 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 18:56 ID:???
>>11
ガノタの心の中にあるよ

14 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 18:57 ID:???
名スレの予感

15 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 19:12 ID:???
本の発刊元をぐぐれ

16 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 23:03 ID:???
ティタンーズの仕業とされる、シャアの演説時のダカールの連邦議会への爆撃。
これは、明らかにエゥーゴが悪い。
ティターンズは連邦の依頼で議会の安全を守っていたが、エゥーゴはテロによる襲撃、
のっとり(明らかな不法)を行った。
そして、わざと議会を背にした上に市内で暴れまわった。
この時の犠牲者は2000人を超えたと言われている。

参考文献:
ダカールの日(赤井報道著:民明書房)

17 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 23:06 ID:???
ネタだけならいいが

>もう俺たちは騙されない。南京大虐殺、東京大空襲、ホロコースト、
>スターリンの強制収容所、ポル・ポトの大虐殺、旧ユーゴの民族浄化、
>みんな自称被害者たちの政治的弱者を装うプロパガンダだ。

このへんはヤヴァイよ。特に南京は。

18 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 23:07 ID:???
もう一つ追加。

実は、いわゆるNT研究所といわれるものも無かった。
実は単なる戦争孤児のうち、特に精神的外傷を負った子供たちに、催眠療法で
それを封印させ、記憶を操作してあげようという研究をしていた。
それを一部のみあげつらい、記憶を操作して、薬剤付けにし、強化人間などと
言い出したのは、第二次ネオジオン。
シャアは自身が強化人間を作り出したのを、ティターンズもやっていたという
免罪符が欲しかっただけ。

19 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 23:08 ID:???

参考文献:
ティターンズを訪ねて(本田活位置:赤日新聞社出版)

20 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 23:20 ID:???
ジェリドは議会を破壊しようとして撃った訳じゃないからな。
シャアによって上手い事演説のダシにされてしまったが。

あの流れ弾ミスが無かったら、議員の評価も変わってたんじゃ無かろうか。
自分達にさえ危険が及ばなければ、ティターンズ援護するような議員多いだろうし。

21 :通常の名無しさんの3倍:04/05/17 23:43 ID:???
>>20
すでにAE社資金がブレックス経由で各議員に賄賂として配られていたので
"自称"中立の立場をとる議員が多発していたらしい。

22 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 02:45 ID:???
ジャミトフが連邦軍をティターンズの指揮下に置くという法案を通させたが、
あれは民主的な手続きによる、完全な合法。
調査したが、もちろん若干の根回しなどはあるが、一般的にいって合法と言わざるを得ないらしい。
というか、あの程度ならば、逆にほとんどの法案は違法や脅迫、買収ということになってしまう。

逆に、エゥーゴにシャアの演説以来、連邦軍がついたのは、完全な違法行為。
AEからかなりの資金が流れたらしい。
そもそも、シャアの演説自体が、存在を疑問視されている。
クワトロという人物はいたようだが、クワトロ=シャアの証明はされていない。


23 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 02:48 ID:???
さらにいえば、AEがあの後、資金を回収するためにどんなにあくどいことをしたのかは、
徐々に解明されつつある。
第二次ネオジオン紛争(シャアの反乱)も、AEに対する支配からの独立、
といういよりも、AE資金のくびきからの解放という意味合いが強かったらしい。

AEがスペースノイド側といわれるエゥーゴにたったといわれながら、コロニー公社を
密かに支配し、間接的に空気税などで搾取していたのは、もはや定説といえる。

24 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 02:52 ID:???
核の衝撃(民明書房)は読んだ?
ジャブローは、エゥーゴの攻撃にあわせて核で自爆させたと言われているが、
実は、エゥーゴによる核攻撃だったらしいんだよね。
現に、あれ以来、ティターンズは地球における勢力を激減させられている。
それを、核によるティターンズの自爆などといっているが。
これは、シャアの作戦らしい。シャアは地球を核で汚染するのは、人類を
地球に住めなくさせるという観点からもよいと思ったらしい。
後にアクシズを地球に落とそうとした極悪人だからな、シャアは。

25 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 03:56 ID:???
あほか

26 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 10:51 ID:???
>>25
ネタをネタと(ry

27 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 11:27 ID:???
水を差すようで悪いが、
ティターンズをネタにするより、ジオンをネタにして
「コロニー落としや毒ガス攻撃は無かった」
にした方が盛り上がらないか?

28 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 12:15 ID:???
>>27
それは別スレたてれば?
まあ、ここで一緒にやってもいいけど、その調査や資料の提出はやってね

29 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 14:51 ID:UDjDhy2b
「強化人間は誰が作ったのか」中津川大観著 時源出版
「香港とサイコガンダム」太公望書林編・出版

これらを読むと、ティターンズの道具として作られたというフォウ・ムラサメが、
実はエゥーゴによる洗脳と薬物投与によるものだということが分かる。
ティターンズはそれを救出し、治療に当たっていたという。
現に、キリマンジャロは有数の軍の医療施設があったという。
ジェリド・メサ中尉が負傷後にキリマンジャロ基地にいたのも、
その医療施設に入院していたため

30 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 16:55 ID:???
>27
また厨な事思いつくな。

31 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 17:30 ID:???
>>27
思いついたら行動するべし。
ネタスレでそんなこと言うのはヤボ
そして俺もヤボ

32 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 17:43 ID:???
ばかじゃねぇのか。
ちゃんとTV画像で毒ガス注入しているだろ。
はい終了。

33 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 18:07 ID:???
>>32
あんな映像、高校生でも作れるぞ


34 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 18:46 ID:???
そもそも、グリーンノアにMSで乗り込んだエゥーゴのやり方を見れば
それだけでどういう組織なのか分かるはず。
ティターンズがやむをえずMSで迎撃しなければ毒ガス散布でコロニーは全滅していた。
あの戦闘で大量に出た民間の犠牲者の責任はどう考えてもエゥーゴにある。


35 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 18:53 ID:???
>>34
グリーンノアがティターンズの秘密軍事施設というのも捏造。
ティターンズはバスク大佐の指揮下、色々なコロニーを視察していた。
グリーンノアに一時的に駐留していたのもその一環。


36 :通常の名無しさんの3倍:04/05/18 20:29 ID:???
そもそもおまいらティターンズを誤解しているって。

〜参考資料より一部抜粋〜
>0080年以降、ジオンの残党は世界各地で潜伏し、組織的に反連邦テロを繰り返していた。
>カリスマ的指導者ギレン・ザビを失ったとはいえ、彼の残した著書・「優勢人類生存説」を
>経典の如く信奉する狂信的集団も多く(デラーズ紛争が良い例)、地球圏の治安は
>有史以来最悪の状態だった。
>連邦政府もテロ撲滅、治安維持に躍起になってはいたが、「大量機動兵器の査察」等と言った
>場当たり的な対応や、旧世紀から続く他民族への偏見に満ちた弾圧など、とても適正と言える
>代物ではなかった。

>そんな中に登場したのが、軍政界の天才とも言うべき男、ジャミトフ・ハイマンである。
>彼は連邦政府が内包する多くの問題点の多くを是正し、テロ撲滅・治安維持の諸任務を
>一元化された組織によって遂行するべきであると主張、多くの支持者を得た(これは当時の新聞を
>読めば明らかである)。

>彼の存在が無ければ、ジオン残党によるテロによって、より多くの犠牲を出していたという事は
>あの時代を正しく知る者であれば、等しく想像出来ることであろう。

参考文献
「ティターンズ〜時代が求めた正義」(民明書房)


37 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 00:47 ID:EH84NkwU
ジーク・アースノイド!

38 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 00:56 ID:EH84NkwU
大体スペースノイドは何かにつけてアースノイドを悪党よわばりする。スペースノイドはよくアースノイドを地球環境破壊の首謀者扱いしているがむしろコロニーや隕石落とし、
MS戦による核汚染をして地球の寿命を縮めているのは他ならぬ彼ら自身。それを責任は地球に住んでいるもの達にあると叫ぶのは随分身勝手で理不尽。

39 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 01:02 ID:???
スペースノイド→何かを「落とす」のが好き
アースノイド→何かを「押さえ込む」のが好き

40 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 01:28 ID:???
そりゃあさ、
まぁるくてでっかくてあおーい地球がそばにあったら、宇宙飛行士だって空きパックとか投げつけたいと思うと思うよ。
多分ギレンやシャアはその願望が強かったんだろうねw

41 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 02:44 ID:???
そもそもティターンズという組織は地球至上主義だったのか?
たしかに中にはそういう考えの人もいただろうがそれは本当にほんの一部にすぎない。
よく言われるのがティターンズはアースノイドのみで構成されていたというものであるがこれも曖昧である。
一説によればエリート養成の訓練所が地球にあったというのが捻じ曲げられて伝えられたものであるということだ。
(中略)
結局はエゥーゴのコロニー至上主義(またはニュータイプ至上主義)と対立する存在ということで
地球至上主義のレッテルを貼られたにすぎないのである。

民明書房 ミンメイ・ウィークリーUC0117/10/15号「特集:グリプス戦争30年目の真実」より

42 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 03:23 ID:???
ジャミトフ・ハイマンの最終目的は、地球の保護にあった。
しかし、現状では地球にしがみついて既得権を振りかざすもの達を宇宙に上げることはできない
そのため、一時的にながら(しかし合法的に)強大な権力を握り、推進しようとした。
それをAEは打倒しようとした。なぜならば、AEは実は地球にしがみついた企業であるからだ。
AEの株の半分以上は地球在住の投資家によるもので、
メラニー会長以下のスペースノイドの持ち株比率は23%しかなかったのだ。
しかも、メラニー会長は政商としてティターンズに取り入ろうとして、
清潔で潔癖なジャミトフがはねつけた経緯がある。
結果的に言えば、以後の歴史はAEのくびきから抜け出るために20年という停滞を要した。

太公望書房「ニュータイプとは何だったのか」

43 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 03:26 ID:BAcisBqT
バカいっているなよ。
サンライズとバンダイがティターンズがやったといっているんだから、やっているの。
レコアがG3ガス注入しただろ。
バスクがコロニーレーザーでコロニーを貫いただろ。
ティターンズは悪の集団に決まっている。
現にスパロボでも敵だし。そんなにいい集団なら、ジェリドは味方になるはずだろ。

44 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 03:47 ID:???
>>43
中学生のきみは世代じゃないから
未読だとおもうが
男塾よんでごらん
おもしろいよ

45 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 03:53 ID:???







46 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 07:26 ID:???
>>44
いや、たぶん43はネタ。
でも男塾は必読。

47 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 11:20 ID:???
>>43
あれが忠実に再現されてると思ってるわけ?
あのドラマは事実と異なる部分かなりあるぜ。

48 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 15:43 ID:???
30バンチ事件の真相は俺のおなら

49 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 16:24 ID:???
 (. : '  ) ,  )__o             o___; ( ~ヽ )  '
~ヽ (. : ) ,  _ \           ///  .(、. ' ⌒ `  )
  `( ' ` ”, )    \ \         /  / ̄; ) ( . ⌒  )
   \  |       |  \      /  |\_/ |`‘ ' ` ”, )
      \ \__/    \.   /    \__/    /
        \            \/_\\     ///
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∧_∧  ./  \   ∧_∧
            ( ´∀`) /    .\ <`∀´ >
            (     )つ      ⊂(     )
            | | |         | | |
            (__)_)        <_<__)

   ┌───┐  │   ┼┐     |
   │      │─┼─ ┴┴  ──┼───       ̄ ̄フ
   │      │┌┴┐ ┌─┐    /      __/_   <
   ├───┤├─┤ └─┘   人 ̄ ̄フ   < /     )
   │      │└┬┘ ┬┼  /  \/      X   ─┼─
   │      │─┼─ ┴┼ /    /\    /  \   /
   └───┘  │     │     /   \         ∨


50 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 16:31 ID:???
                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ─ < ゚ ∀ ゚  >< 捏造捏造捏造捏造!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩  ∧ ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \<ヽ`∀´> < 拉致拉致拉致拉致拉致拉致!
謝罪謝罪〜〜〜!  > <゚∀゚ > / |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /


51 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 17:42 ID:BAcisBqT
男塾ってなに?

52 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 17:54 ID:OB6QEMaI
スペースノイド逝って良し

53 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 18:08 ID:???
手を組んだはずのアクシズ(→【ジオン残党】)に、手を噛まれたのは痛かったな?

対ジオン残党部隊がジオンと手を組むなんぞ・・・・・

54 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 20:13 ID:???
>>53
>対ジオン残党部隊がジオンと手を組むなんぞ・・・・・
おそらく「対ジオン残党【狩り】部隊」の誤打だろうから、そのつもりで書くけど・・・

ティターンズの任務を「ジオン残党狩り」の一点でのみ捉えるのが、そもそもの間違い。
ティターンズの目的は「地球圏の秩序と平和を回復させる事」であり
残党狩りという行為は、言ってみれば手段に過ぎない。
つまりジオン残党軍によるテロ活動を未然に防ぐことさえ出来れば、
その手段は戦闘でも平和的交渉でもかまわない。
いや、むしろ話し合いで事が済むのであればそのほうが望ましいのである。

55 :通常の名無しさんの3倍:04/05/19 21:48 ID:???
アクシズの地球落下を防いだ外郭新興部隊ロンド・ベル隊は、
アムロ・レイ大尉やブライト・ノア大佐が在籍していた事から
エゥーゴの後釜と思われているが、設立目的から見ると
ティターンズの後釜と見るべきだ。

逆にシャア=ネオジオンの主義主張や支持者は、
エゥーゴとかなりの部分が重なる。それは、悪名高いAEが
積極的に支援していた事からも分る。しかも、アムロ大尉や
ブライト大佐と違い、シャアはエゥーゴの思想的な中心だった。

つまり、第2次ネオ・ジオン戦争(シャアの叛乱)は、ティターンズと
エゥーゴの再戦と見なすのが妥当である。

参考文献:「ジオン台頭期の思想」(庭並書店)

56 :通常の名無しさんの3倍:04/05/20 01:30 ID:???
そういや前から思ってたんだがブライトの行く所で必ず核が使われるんだよな。

1年戦争の時はオデッサの作戦にWBが参加してガンダムの「活躍」が始まったら「誰か」が核を使用。
Zのジャブロー攻略の時はブライトの部下がジャブローに降下してしばらくしたらジャブローが核で「自爆」。
その後のキリマンジャロでもブライトの手下がキリマンジャロに降下してしばらくしたらキリマンジャロで大爆発。

そして93年の戦争でもラーカイラムがアクシズに接近したら出所不明の核兵器がアクシズで大爆発。

ちなみにブライト本人はあの巨大軍需産業ヤシマ重工の入り婿でしかも噂によると濃い弾幕で敵兵をイジメ殺すのが
趣味の変質者らしい。

57 :通常の名無しさんの3倍:04/05/20 04:09 ID:???
>>56

それについては、文献がある。絶版だが、名著だと思う。

「核はどこへいった?」太公望出版

これだと、ヤシマ重工の経路でブライトは核を常に持っていたというね。
その最初は、おどろかれると思うけど、ホワイトベース乗組み時からだと。
ミライ・ヤシマが核をサイド7に何本か持っていて、
それを連邦軍が借り受け、ホワイトベースがガンダムと共に運ぶ予定だったそうだ。
それを、オデッサ作戦でジオン軍のマ・クベが発射したかのようにみせかけたそうだ。
グリプス戦役では、連邦軍が核でジャブローを破壊したのは上にもかかれているけど、
これもミライ・ヤシマ経由のものらしいね。




58 :通常の名無しさんの3倍:04/05/20 04:33 ID:???
AEに吸収合併されなかったのもそんな背景があるからかな?

59 :通常の名無しさんの3倍:04/05/20 12:40 ID:???
ティターンズの排斥の嚆矢となったのは、
「宇宙世紀のホロコースト」(朴利本著)時源出版

これによって、ティターンズの30バンチ事件がティターンズによるものと
されているが、実はこれらは全て捏造やでたらめ。
特に全滅したはずの30バンチの証言者が25人もいるくせに、それらは
30バンチが鉱山コロニーであったこともしらず、また年齢からぎゃくさんすると
2歳で、とうてい覚えていないであろうことをまるで観てきたかのようにいう。
(ティターンズのMSを見たとまでいう始末)
現在では論破されて、この本を資料に用いるものは一人としていないが、
しかしそれ以降、ティターンズ=悪逆非道 が定着してしまった。


60 :通常の名無しさんの3倍:04/05/20 12:45 ID:mOV7Miy9
「我々はティターンズがいたから、連邦の支持を得ることが出来た」
アナハイム・エレクトロニクスのさる重役の発言である。
アナハイム・エレクトロニクス自体は、実は企業イメージは当時地に落ちており、
また癒着と腐敗まみれの最悪な状況であった。
そこで、彼らはティターンズを徹底的な悪役にグリプス戦役当時から仕立て上げた。
そして、正義の集団エゥーゴをバックアップするスペースノイドのための清廉な企業と
いう宣伝に成功した。そのために使用したエゥーゴへの莫大な投資も、十二分に見合っているという。
そして連邦軍を取り込み、実質、アナハイム・エレクトロニクスの批判を許さない状況にまで仕立て上げた。
もしもティターンズが本来の地球圏のための精鋭集団というイメージのままであれば、
アナハイムは消滅を余儀なくされていたであろう。ティターンズはまさに、
アナハイム・エレクトロニクスへ査察へ入る寸前であったのだ。

61 :通常の名無しさんの3倍:04/05/21 07:26 ID:yJU0sjYx
当時、地下出版でスペースノイドに広く流布されていたティターンズ像は実像とかけ離れたものだった
さながら悪鬼のごとくに描かれており、残虐非道な組織としてスペースノイドの反感を煽る内容だったらしい
これに強く影響を受けたのは特に若年層であった
一年戦争で大きな人的損失を出したコロニー群では若者に負担が増大したため不満が蓄積していた
エゥーゴ上層部は勢力拡大のために、連邦の政策批判に織り交ぜる形でティターンズを弾圧者として巧妙にアピールしたようだ
結果として多くの若者達が反地球連邦政府活動に参加/協力し、あげく抗争激化すると積極的に最前線に送りこまれた
そして、その多くが星々の間で命を散らし、生き長らえても癒える事無い傷を負ったのだ
当時、ティターンズの部隊の一部に突出した動きをする一隊があったのは事実である
だが、たいていは軍規に則った行動でありなんら非難される事柄は無かった
にもかかわらず、平和と秩序を求めて活動するティターンズがスペースノイドから謂われのない反感をかったのは、ひとえにエゥーゴの巧みなプロパガンダによるものだろう

62 :通常の名無しさんの3倍:04/05/21 22:21 ID:???
本気で思っているのならば、すごいと思う。

63 :通常の名無しさんの3倍:04/05/21 23:11 ID:???
>>62

>>7,26

64 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 00:07 ID:???
>>61
貨物船で宇宙漂流中に助けてくれたティターンズのモンシアさん達は紳士だったよ。
スペースノイドの俺たちを母港のサイド4まで送ってくれたし。
あの時の黒いバーザムが今でも思い出されるよ。

65 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 00:11 ID:???
>>64
どんな軍隊にだって、いい人も居れば悪い人も居るって事だね。

66 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 00:53 ID:???
>>64
ティターンズのモンシアさん?よっぱらい大尉の?
俺宇宙人って呼ばれたぞ。

どことなく憎めない人だったけど…違う人かな?

67 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 00:56 ID:???
多分、一緒にいたアデルさんの事では?

68 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 04:45 ID:???
寝言いっているのか?
たんなる馬鹿か?
投げやりになっているのか?
下らない妄想はさっさとやめろ。
お前らみたいな馬鹿は相手にならんよ。
つまらん。

69 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 07:00 ID:???
想像力もユーモアも心のゆとりも無い人は来ないで下さい。

70 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 07:32 ID:???
ネタ雑談カテゴリで「ネタか?」とか「妄想ヤメロ」とか言ってて、虚しくないか?
どのスレ見たってネタと妄想のオンパレードだろ。

71 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 07:58 ID:???
たて


72 :70:04/05/22 08:31 ID:???
こりゃまた失礼

73 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 08:33 ID:C9vML//7
こんなアングラサイト信用するなよ
絶対試験に出ないんだからな>>all


74 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 08:36 ID:???
どうせ読むならアナハイムジャーナルにしる。
あれは宇宙世紀の良心だ。

75 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 09:30 ID:???
ネタスレというよりバカスレだな

76 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 09:37 ID:???
ティタンーズの仕業とされる、シャアの演説時のダカールの連邦議会への爆撃。
これは、明らかにエゥーゴが悪い。
ティターンズは連邦の依頼で議会の安全を守っていたが、エゥーゴはテロによる襲撃、
のっとり(明らかな不法)を行った。
そして、わざと議会を背にした上に市内で暴れまわった。
この時の犠牲者は2000人を超えたと言われている。

参考文献:
ダカールの日(赤井報道著:民明書房)


77 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 16:50 ID:jCOtlUjR
今年の統一センター試験の問題みたか?
どれも正解でない問題ばかりだ。

問.次の選択肢のうち、誤りのものを1つ選択せよ

1.ティターンズは30バンチで300万人ともいわれる無実の市民を毒ガスで虐殺した
2.コロニーレーザーを実際に使用したのはティターンズとエゥーゴである
3.ティターンズはシャア・アズナブルの演説中にダカールを襲撃した
4.ジャブローは核攻撃された

正解は4ということだが、実際は2だ。ティターンズは一発も実は撃っていない。
アクシズがティターンズに罪を擦り付けている。
1はこのスレの住人にはもう常識だろう。捏造。
3はティターンズが防衛側でエゥーゴが襲撃側だというのが真実。
4は、エゥーゴが核攻撃したので、本当はこれは真実。

78 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 17:01 ID:IbDR2Ppj
剣道の起源はスペースノイド

また捏造か!

79 :通常の名無しさんの3倍:04/05/22 17:26 ID:???
>>78
こないだ雑誌にこんな対談記事↓が載ってた。実名はヤヴァイんで出さないけど。

A「元々地球の文化には「剣術をスポーツの域まで昇華させる」という発想自体が無いわけなんですね?」
B「そうです。最初に考案したのは我々スペースノイドですよ。つまり宇宙移民が、
  その過酷な開拓環境の中で、肉体と精神を鍛え上げるために生み出したのが今で言う『剣道』なのです」
A「アースノイドは”捏造だ”と反発しているそうですが。」
B「捏造だなんてとんでもない!いいですか?今、この地球圏に広がっている芸術、文化、言語、その殆んどは
  我々スペースノイドが生み出してきたものなんです。宇宙世紀が始まるまで、地球にはロクな文化が育たなかった。」
A「なるほど、それを地球圏に広めたのが、私たちスペースノイドなんですね?」
B「その通りです。決して地球人の嘘や捏造資料に騙されてはいけません」


                                        〜週刊グラナダ(UC0104 5/10号)より転載〜

80 :通常の名無しさんの3倍:04/05/23 02:01 ID:???
レイプとゆすりとタカリとパクリはスペースノイド起源ニダ!

81 :通常の名無しさんの3倍:04/05/23 04:47 ID:???
>>1
ま た 巨 人 ヲ タ か

82 :通常の名無しさんの3倍:04/05/23 06:20 ID:???
ちょっとずつキムチ分が高くなってきたぞ・・・。

83 :通常の名無しさんの3倍:04/05/24 19:17 ID:???
最初から堆くキムチが積まれているよ

84 :通常の名無しさんの3倍:04/05/25 01:27 ID:???
反地球連邦政府運動の歴史は古く、遡ればU.C.以前から始まる。
だがスペースノイドのアースノイドに対する活動となれば宇宙植民以後、即ちジオン建国に行きつく訳だ。
しかし一年戦争の終結によりジオン・ズム・ダイクンの思想を中心とする反地球連邦政府運動は一旦収まる形になった。
一年戦争以後に再びスペースノイドの間で反地球連邦政府運動が興り始めるのは、以外にも戦争で大きな被害を受けた各復興コロニー群であった。
地球上での復興がスムーズに進められる一方で、各コロニー群の復興は人的資源不足やコロニー建造時の施設の破壊・喪失、戦争前には無かったミノフスキー粒子による通信障害により困難を極めていた。
自然とスペースノイドの間で不満が蓄積され、それは反地球連邦政府運動へと変わっていったのだった。
しかし当初は幾つかの組織が各個に存在していた中でグリプス戦役勃発直前には実質的にエゥーゴに取りまとめられていた。
他の平和的に政府に訴えかけてスペースノイドを取り巻く環境を改善しようとする組織は淘汰され、著しく武装化を進めたエゥーゴに何故一本化していったのか?
実は30バンチ事件の前後に各組織の実質的指導者である人々が事故死や行方不明となる事件が相次いでいるのだ。
当時のエゥーゴの内部文書は、30バンチ事件同様にティターンズの関与の可能性を指摘している。
しかし、本当にそうだろうか?
指導者を失った組織は活動停止して消滅、または新たな代表者がエゥーゴへの全面協力を表明してエゥーゴに合流している。
結果としてエゥーゴは大きな力を持つに至り、月のアナハイムを始めとする宇宙企業をスポンサーに武装化を推し進め、弾圧者ティターンズとの対決姿勢を鮮明にし、そして動乱へと突き進んでいった。


85 :通常の名無しさんの3倍:04/05/25 12:53 ID:???
識者は、ティターンズの虐殺を宇宙世紀の三大虐殺にもなぞらえ、
旧世紀の楚、モンゴル、ナチスになぞらえてもいる。
また、南京大虐殺がモデルになっているともいわれている。
だが、これらの虐殺がことごとく勝利者の側から捏造されたものと言われているのは、
今となっては常識であろう。
楚の項羽の投稿した秦兵の虐殺は、明らかに漢の時代に楚を悪逆で漢を天命を受けたものとする、
中国歴代王朝の捏造である(というよりも、歴史に関する考え方が違うのだ)。
モンゴルは、犬一匹泣かないとまで恐れられた町ごとの大虐殺をしたといわれるが、
実は巧妙な自治と通商を認める全く逆の方式であったことは知られている。
もちろん戦場での勇猛さ、そして使者が殺された場合の皆殺しは行ったらしいが。
そしてナチのホロコーストも、現在では疑問視されてきている。
南京大虐殺にいたっては、少なくとも大虐殺が起こったとはすでにみなされていない。

(その2へ)

86 :通常の名無しさんの3倍:04/05/25 13:10 ID:???
ひるがえって、宇宙世紀の三大虐殺はどうであろうか。
一年戦争のコロニー落としを初めとする虐殺をしたジオン、
30バンチ事件及びグリプス戦役の毒ガス攻撃攻撃、コロニーレーザーのティターンズ、
そしてモトラッド艦隊のローラー作戦の残サンスカール帝国、
これらが三大虐殺国家とも言われており、いずれも敗者であることが特徴といえる。
また、同じく敗者としてデラーズフリート、アクシズ、シャアのネオジオン、
コスモバビロニアも虐殺の噂があり、
また未遂ながら大虐殺を行おうとしたという。

しかしながら、これはどれも疑問視する声が大きい。
まずはジオンであるが、コロニー落としそのものから、今日では検証が始まっている。
本当にジオンはコロニーを落とそうとしたのか、それが命題となっているのである。
コロニーが落ちたのは事実である。それはオーストラリアに行けば分かることだ。
では、それを落としたのは本当にジオンなのか。そして意図的なものなのか。
今日では、シドニーではなく、純粋な軍事基地であるジャブローへ落とそうとしたのを、
連邦軍が市民の犠牲を省みずに針路を変更させたというのが定説になっている。
これだけでも、それならば連邦軍はジャブロー(軍人の避難の時間はあったのだ)を
守るためにシドニー一帯を引き換えにしたということで、ジオンのみが責められるのは
おかしいどころか、連邦軍こそが主犯となってしまう。
また、ジオンがそのコロニーを落とすために虐殺をしたという件も、
現在では否定されている。建設中のコロニーであったといわれている。
しかし、これも実は謀略説が出ている。なんと、開戦を連邦軍が望んだために、
ジオンの仕業と見せかけたというのだ。しかし、これが現在では最も有力になっている。
それでは序盤の敗北はなんなのかといいたいところだが、これは純粋に誤算であったとしか言えない。
逆に言えば、追い込まれたジオンが窮鼠猫を噛んだ結果というのだ。
なんとも非常識に聞こえるが、しかしそうでなければ序盤の快進撃は説明付かない部分もある。
なぜならば、明らかに各コロニーでジオンに対する同情があったからである。
この説を裏付けるものに、シドニーの反地球連邦の暴動と、連邦からの脱退運動があげられる。
これは今では忘れ去られているが、宇宙世紀の重要な出来事であったのだ。
あわや連邦が解体の危機に陥ったのだが、シドニーの消滅、一年戦争と、
それらは過去においていかれたが、事実である。

そして、ジオンの仕業とされる各コロニーの壊滅も、地球連邦によるものという。
前述の通り、各コロニーではジオンに同情的だったという証拠が次々に見つかり、
また残っているコロニーの考古学的(?)探索により、それらは裏付けられている。
一部は参戦の動きさえ見せた。そのために、それらのコロニーは連邦軍によって潰され、
軍政を敷いていたサイド7と、反ジオン色が強いサイド6のみが無傷であったのだ。
サイド6も、しかし市民の世論により、連邦側での参戦が出来なかったほどなのだ。
つまり、一年戦争のジオンの虐殺というものが、全て疑問符がついているのが現状といえる。

(その3へ)




87 :通常の名無しさんの3倍:04/05/25 13:19 ID:???
それではティターンズはどうか。
まず30バンチ事件からだが、これも結論を言えば、なかった。
30バンチは鉱山コロニーであり、この時点では廃棄されていた。市民などいなかったのである。
また、名高いG−3ガスも、実際は殺虫剤程度の効き目であり、実はその通り、
ゴキブリの特効薬でしかなかった。
では、月へのコロニー落としは?これもそのような事実はない。月震が確かにあったらしいが、
これをコロニー落としと結び付けていわれているだけで、実際はごくまれに、しかし宇宙的に言えば頻繁にある、
小規模な隕石の月面への衝突によってクレーターが一つ増えたに過ぎない。
では、コロニーレーザーは?実は、ティターンズは試射すらもしていない、つまり、ティターンズは
完成させられなかったという。これを奪取して完成させたのはネオジオンかエゥーゴといわれ、
現在ではエゥーゴが完成させ、それをティターンズ色の強いサイド2へ撃ったと言われる。
もちろん、アクシズによるものという意見もあり、そこはまだ決着をみていない。
ではグリプス戦役中のG−3ガスは?
もうお分かりであろう。G−3ガスなど軍事用の毒ガスでもなんでもないのだ。
それでもサイド2でコロニーが一つ虐殺されたのは事実だが、これこそエゥーゴによるものであった。
そもそも、サイド2はティターンズ色が強く、サイド7と並んで宇宙の根拠地であった。
つまり、サイド2こそはエゥーゴが狙っておかしくないコロニーであり、ティターンズが
やるはずのない場所であるのだ。

そもそも、ティターンズという組織については、現在では再評価と再発見の最中であり、
そこから導かれつつあるのは、旧来のイメージとは全く異なった像になっていることは、
特記せねばならない。

(その4へ)

88 :通常の名無しさんの3倍:04/05/25 13:26 ID:???
ではモトラッド艦隊の地球クリーン作戦とは?
そもそも、モトラッド艦隊というものを読者諸氏はご存知であろうか?
タイヤを巨大な陸上戦艦につけ、踏み潰すというのである。
そう、まるで絵空事のようなものが、それがモトラッド艦隊の姿とされているもの
そのままであり、何のリアリティーの後付けさえもされていないのだ。
それだけでもこのばかげた絵空事がお分かりであろう。
巨大なバイク戦艦で踏み潰したというのだ。これで北米大陸を踏み潰すのに、どれくらいかかるというのであろうか。
あまりにもばかげている。
また、ご存知の通り、当時はすでに現在のように特別区以外は地球に市民はおらず、
目撃者も(明らかに捏造された者以外は)いないのだ。そもそも、そのような人口密度の
ところで、いわれているような大虐殺が出来るのであろうか?

では、エンジェル・ハイロウによる大虐殺未遂は?
エンジェル・ハイロウについては、まだ良く分かっていない。
そもそも、機能さえも、推定や推測どころか、憶測の域をでていないのだ。
サイキッカーを積んだ精神兵器といえば、いかにもすごそうだが、その実証は全くない。
おそらくは単なる宇宙基地のひとつではないだろうか。
そもそも、カイラスギリーを作りながらも、結局は地球に向けて撃てなかった、
マリア主義の国家が虐殺をしたというように強弁するために作り出された妄想といってよい。
カイラスギリーも、いわれているほどの威力はなく、実際は示威的なものであった。

(その5へ)

89 :通常の名無しさんの3倍:04/05/25 13:44 ID:???
三大虐殺国家が以上のような状態であれば、他も推して知るべきだろう。

デラーズフリートのコロニー落としとソロモンへの核攻撃は、単にソロモンの軌道計算の
誤りから、地球へ衝突軌道に乗り、爆砕されなかったソロモンの一部が
北米大陸に落ちたにすぎない。
アクシズ(第一次ネオジオン)のダブリンへのコロニー落としは、マシュマー・セロとされているが、
マシュマー・セロはこのときすでに処刑されていた。この後も獅子奮迅の活躍をしたことになっているが、
それはマシュマーがいたということにしないと帳尻が合わないからである。
マシュマーの処刑はしばらく連邦もエゥーゴもつかんでおらず、マシュマーのせいにしたところ、
実は死んでおり、あわてて生きていたことにして、マシュマーの英雄的行動をでっちあげたというのが真実だ。
ダブリンには、当時、ブナ屋敷派といわれる清廉な連邦の若手将校を中心とした改革派がおり、
それの始末のための内ゲバとしてエゥーゴによって落とされたのが定説となりつつある。
シャアのネオジオン(第二ネオジオン)のアクシズ落とし未遂も、これまたよく分かっていない。
アクシズが地球に接近したのは事実だが、これがシャアによるものとはもはや誰も思えない状況だ。
そもそも5thルナも、ネオジオンへの引渡し前に落とされており、地球連邦のエゥーゴ派が、
改革派のシャアへ渡さないために落としたといわれる。
そもそも、シャア自体もエゥーゴの腐敗を嫌い出たところを暗殺されたのであって、
決していわれるような華々しい死に方をしたのではない。

コスモバビロニアのバグによる惨殺も、規模は小さいものの、これがいずれ地球にも
まかれる予定だったといわれ、あたかも大量虐殺未遂国家とされている。
だが、これもお分かりであろう。あんなもので人が大量に殺せるはずはない。
現に、バグとされるものを連邦軍が公開したが、これを元に複製を作ったところ、
殺人どころかまともな飛行も不可能だったという。

こう考えると、大量虐殺とはなんだったのかといいたくなるが、それもそのはずで、
そもそも連邦自体が選民思想の寡頭制で、民主主義ではなかったのだ。

このそもそもの原因は、そもそもはあまりに見事な「物語としての」作品を作り続けた
ヨシユキ・トミノにあるといえる。彼はその物語のストーリーテリングとして、
両方に説得力を持たせながらも、暗に視聴者に感情移入をさせるため、主人公の逆側を
大量虐殺国家に仕立てるのが同時の作風となっていた。
(その前は、逆に皆殺しが作風であった。最近の作品では、それらの傾向はない)
したがって、あまりの説得力のある作品により、これが史実を基にしたフィクションであることを忘れ、
これを事実としたものが多かったのが原因といえる。
トミノ自体は知っていて使ったり、または噂だけの状態でそれらの虐殺のネたをつかったり、
また多くはトミノの全くの想像(捏造とは違う)であったりする。
しかし、それはトミノの責任とはいえない。安易にこれらをノン・フィクションとして
捉え、疑わないその態度が今、問われているといえる。

「宇宙世紀の大量虐殺」林民明 太公望書房より

90 :通常の名無しさんの3倍:04/05/25 14:45 ID:???
30バンチ事件が嘘なんて、ホントに信じてるの?

91 :通常の名無しさんの3倍:04/05/25 16:05 ID:???
>>90

お前こそ、30バンチ事件信じているのか?
もう30バンチ事件なんて信じている奴なんて学会にはいないぞ。


92 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 09:37 ID:???
>>91
地球から一歩も出た事もない学者ばかりの学会に、説得力なんて全くない。
あんたも地球を出てみなよ。え?足が地から離れるのが恐いだって?(プッ

93 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 10:43 ID:5mu+88oE
たしかにそのような行為が行われたのは事実だが ティターンズではない。
同時にエゥーゴ・旧ジオン残党の手による犯行とも考えられない。
どの陣営にとっても何の利益も齎されない行為なのは明白。

当時の情勢からロジカルに構造を組み立てていくと
アナハイムエレクトロニクスだけが怪しく浮び上がる。

94 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 12:23 ID:YDt8W6fW
一年戦争は起こりうるべくして起きた戦争
一方、グリプス戦役は?

近代以降、暴力は問題解決手段としては一番駄目な方法なのは皆判りきっているハズだろ
だけど一番、手っ取り早い方法でもある
だから宇宙世紀以降も紛争が絶えない訳だが

グリプス戦役では誰が得をしたか考えると軍需産業体なのは一目瞭然だな
しかし戦争の仕掛け人がAEっつうのは短絡的かもしんないぜ
奴らは上手く時流にのって儲けた商売人だっただけじゃねえの
もちろん死の商人よろしく、火に油注いでたんだろうがね


95 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 13:03 ID:???
このスレにはアースノイド工作員がいますね

96 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 13:46 ID:YGaN92WZ
スペースノイドはコロニー風邪で全滅しる!

97 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 16:53 ID:???
思ったよりスレが伸びているが、
>>1はちゃんとネタ(失礼、研究)を投稿しているのか?
まさか逆に全部>>1の全部自作自演だったら恐ろしいな。

98 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 16:58 ID:???
アースのイドって言うのはどうしてこう妄想癖が強いのかね。
何かうすら寒くて見てらんね。ちゃんと社会復帰しろよ、時代遅れのアースノイドども(w

99 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 17:04 ID:???
シャアだけはガチで虐殺(5thルナとアクシズ)しようとしているだろ。
奴だけは本当に残虐な男だ。
みんな信じるな。シャアこそは悪逆非道なヒトラー以上の虐殺者だ。


100 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 17:11 ID:???
あの時代の地球は環境悪化してほとんど人は住んでいなかったんだよ。
シャアの通告後も移住しなかった物好きが居ただけだって、黒歴史に載ってた。

101 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 17:24 ID:???
そもそも、シャアを失望させ、このような行動に走らせたのはアースノイド。責任が無いとはいえない。

102 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 17:35 ID:???
そもそもシャアにはアクシズを落す気なんて無かったんだよ。
実際、地球へは接近したが落ちなかった。
連邦擁護派の言い分によると
「シャアは落下コースに投入したがガンダムが押し返した、伊達じゃないから」
って、MSがアクシズを押し返せるわけないだろ(プゲラ

103 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 20:32 ID:???
アースノイドの捏造は見苦しいな

104 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 20:45 ID:5mu+88oE
スペースノイド必死だな

105 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 22:02 ID:???
シャアは悪党。
ジオンを虐殺国家に仕立て上げたのも、エゥーゴ時代のシャア。
シャアは自分が裏切ったジオンに対して自分を正当化するためにやった。
しかも、エゥーゴの悪事を糊塗するためにティターンズをさらに悪役に仕立て上げた。
そもそも、ジオン・ズム・ダイクンの息子だなんて嘘だ。
本当はジオン・ズム・ダイクンの息子は幼少時に死んでいるし、年齢もあわない。


106 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 22:13 ID:AzU7DMLe
シャアは本当に悪い奴だな。
ガチで隕石落としたのはシャアだけ。
5thルナおとしたもんな。
アクシズ落としも、本当はただの軌道計算のミスじゃねぇ?
とにかく、シャアが一番悪いに決まっている。

107 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 22:19 ID:???
アクシズが落ちなかった理由ってロンドベルが仕掛けた爆弾でバラバラになったせいって発表されるだろ
普通に

108 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 22:48 ID:???
シャアは核も使ったしな。
シャアはもうどうしようもない。
ポルポトなみだな。
お前らも本多勝一みたく、ポルポトは優しいとかいっているようなもんだぞ。
シャアがヘタレなんていうのはな。
奴ほ他人の命はどうでも良かった奴はいない。

109 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 23:12 ID:???
シャアはロリでショタでマザコンなだけの男だろう?

110 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 23:31 ID:???
>>109
いいえ、シスコンもです。

111 :通常の名無しさんの3倍:04/05/26 23:38 ID:???
あとファザコンも少し入っていると思われ

112 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 00:08 ID:???
>105
なんでジオンまで弁護してるんだ?
在地スペースノイドはは宇宙にカエレ

ジオンもエゥーゴも同類

113 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 03:46 ID:???
シャアの功罪に関しての議論はスレ違いだろ
ここはティターンズの動乱の契機となった30バンチ事件を見直すスレだ
頭悪い煽りしか入れられないスペースノイドは宇宙にカエレ!(・∀・)

114 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 05:20 ID:Ov6+lDW8
はあ?

というか、シャアはティターンズによる虐殺を捏造した犯人だろ?
AEとかいっている奴もいるが、シャアが主導でやられたんだ。
AEは悪くない。

このスレは虐殺の捏造に対するスレだろ?
それにシャア以外は虐殺は捏造されたと証明されているが、シャアは虐殺者だろ?
シャアが悪いんだ。AEは何も悪くないよ。


115 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 05:27 ID:???
ティターンズって、なんかいろいろダメなイメージで書かれているが、実は違うらしいね。
ヘタレな印象のジェリド・メサ中尉も、実は撃沈3隻、撃墜39機の超人だったらしい。
最後はカミーユ・ビダンにやられたことになっているけど、実は違うらしい。
本当は、獅子奮迅の活躍をした後に弾薬が尽きて捕虜になった際に、惨殺されたらしい。
報復のためにね。それをエゥーゴの伝説のエースカミーユ・ビダンにやられたことにしてごまかした。
ただ、カミーユ・ビダンの実在も嘘っぽいけどね。アムロ伝説をエゥーゴにも、という創作らしい。
現に、アングラ出版物による怪しげなエゥーゴの政治宣伝意外にその名前は見えない。
ヨシユキ・トミノがその伝説を元にドラマ化したものだから、実在とされているがな。

116 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 06:01 ID:???
>>114
いえ、ここは頭の悪い妄想癖のアースノイドが掲げた捏造説を、良識人たちが論破していくスレです。

117 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 07:20 ID:CgW9AbL7
ギリシャの有名な諺で「一人殺せば殺人者、人類の半分を殺せば英雄、殲滅できれば神」と言った言葉があったやうな…

118 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 08:31 ID:???
>>115
カミーユ・ビダンという少年がいたことは確かだよ。
両親が共に連邦軍技術仕官だったことが災いして、エゥーゴに誘拐されたらしい。
事件の詳細は軍事機密扱いなので知ることはできないが、
連邦軍の新型MSがらみで事件に巻き込まれたとの噂。

カミーユ少年の両親はエゥーゴに殺害されてしまってるし、
当のカミーユ少年もエゥーゴに洗脳されテロリストの一味になってしまったらしいので、
もう真実は誰にもわからない・・・
※カミーイ少年は廃人になったとの噂もあり(両親を目の前で虐殺された時に…)

119 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 09:10 ID:???
>>118
カミーユ少年の話しは確かに酷い。
両親を殺されて憔悴しているところに、エゥーゴの信奉者の
幼なじみがやって来て、説得みたいな感じだったらしいね。
しかも、やり方が計画的。
カミーユ少年拉致→両親惨殺→少年は心身共に憔悴(半ばチキガイに)
→そこに幼なじみ登場→安堵しているところにマインドコントロール
ここまでして一少年をエゥーゴに引き入れる理由は?
それは、エゥーゴのプロパガンダに利用するため。
上のレスでもあったように、
エゥーゴ版アムロ・レイを作り出すため以外他ならない。
しかも、両親をティターズに殺された少年と銘打って。


120 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 09:12 ID:???
妄想たくましいなアースノイドは。

121 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 09:46 ID:???
>>120
スペースノイド必死だな



とでも言ってほしいのか?

122 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 11:12 ID:???
カミーユ君の気持ちはわかるよ
アースノイドなんかがいるから彼のような不幸な人が増えるんだ

123 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 11:18 ID:???
>>121
むしろ必死なのはアースノイド

124 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 11:35 ID:???
宇宙人はそればっかだな

125 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 11:37 ID:???
夢を忘れた古い地球人め


126 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 11:39 ID:???
幼馴染って、確か両親はティターンズに捕まって単独でブライトの船に乗って
脱出したんだっけ?
ブライトも本当にタチの悪い主義者だからな。元はアースノイドの癖に、洗脳されたのか?
幼馴染も、反政府運動が仕事のプロ市民が両親だろ?
なんか本当にむごいな。

127 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 11:42 ID:???
>>116

良識人は安易に虐殺なんて眉に唾をつけるものだが。
大体、人は思ったより簡単に他人をぽこぽこ殺せないものだよ。
特に恨みも何もない場合にはね。
数百万人もころせるはずがない。そんなことをする奴は、
よほどのナルシストでよほど自分を正当化できて、自分に自信があるくせにコンプレックスがあり、
血統を誇りにしているくせに実力主義っぽい顔をするし、性格もねちっこい。
おそらく、マザコンなくせにロリコンでシスコンだろうな。

128 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 11:46 ID:???
アースノイド工作員マジでウザイ

129 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 11:50 ID:???
なにを言うか! スペースノイド風情が何を言うか!!

130 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 11:59 ID:???
うざいとかだけでなく、きちんと論理的な反証はないの?
バカなスペースノイド諸君は?
もう大量虐殺説は破綻しているの、破綻。

ねえ、大量虐殺のソースまだ?

131 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 14:55 ID:???
つかさぁ、スペースノイドの中でも下層にいる、いわゆる一般人からすれば
結局大した変化はなかった訳ね。>グリプス戦役以後
俺も「雑感ジャミトフ」を読んだんだけど、彼の言語録を見て驚いたさ。
もし彼の世の中になっていたら、10年20年はそれなりに理想の世の中を体験できたんじゃないかってね。
彼には、何だっけ、忠誠を誓ったパプ何とかって有能な部下もいたわけだし。

だいたい、コロニーレーザーなんて大量虐殺兵器を平気で使うエゥーゴは好きにはなれないなぁ。

132 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 17:38 ID:???
なんでネタをたのしめない粘着がまぎれこむんだろう

ただのガキなんだろうけど
こういう冗談が通じないガキが犯罪を犯すんよね

133 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 17:41 ID:???
>>132
ええと、この人はどう扱えば……

134 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 18:26 ID:???
>>132
激しく同意、スペースノイドは逝ってよし!
ジオン・ズム・ダイクンの思想を曲解している!!

135 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 18:32 ID:???
なんかさ、遊んでいる最中に
自分だけが気に入らないからって、相手もそれに付き合わせようと
わがままを言って場を白けさせる奴っているよな。

アースノイドとスペースノイドのどっちに多いか何て言わないけどさ

136 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 20:54 ID:???
エゥーゴのニュータイプとして知られているカミーユ・ビダンとジュドー・アーシタは
強化人間であった可能性が高い。ビダンが精神崩潰を起こし戦線から離脱した直後に
アーシタをアーガマの部隊に編入させた事と、バイオ・センサーという最先端の
ニュータイプ用の機器がアナハイムで開発されていた事から十分に推測できる。
それを裏付けるように、ジェリド・メサ中尉をはじめ数名がビダンの奇行を目の当たりに
している。それを考慮すると、ビダンが精神崩潰を起こしたのは、過剰な強化が原因であった
可能性が非常に高い。

参考文献:「ニュータイプ」(沙蚕新書)

137 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 20:54 ID:???
エゥーゴのニュータイプとして知られているカミーユ・ビダンとジュドー・アーシタは
強化人間であった可能性が高い。ビダンが精神崩潰を起こし戦線から離脱した直後に
アーシタをアーガマの部隊に編入させた事と、バイオ・センサーという最先端の
ニュータイプ用の機器がアナハイムで開発されていた事から十分に推測できる。
それを裏付けるように、ジェリド・メサ中尉をはじめ数名がビダンの奇行を目の当たりに
している。それを考慮すると、ビダンが精神崩潰を起こしたのは、過剰な強化が原因であった
可能性が非常に高い。

参考文献:「ニュータイプ」(沙蚕新書)

138 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 20:58 ID:???
二重投稿してしまった……。スマン。

139 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 22:57 ID:???
やはり驚愕すべきはエゥーゴのプロパガンダの素晴らしさ。
一年戦争の英雄、ホワイトベース隊のクルーを自勢力に引き込んだこと。
アムロ・レイ、ハヤトコバヤシ、フリージャーナリストを名乗り、エゥーゴ至高論を説くカイ・シデン、
有力出資者にセイラ・マス。
一般市民に有名な彼らを囲い、
エゥーゴ=クリーン、正義という図式を浮かび上げた。
一般市民は、「あのホワイトベース隊が地球連邦政府に反旗を翻した。」
というインパクトはかなり大きく、連邦政府にしてみれば、
大きなイメージダウンだろう。

140 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 22:57 ID:???
やはり驚愕すべきはエゥーゴのプロパガンダの素晴らしさ。
一年戦争の英雄、ホワイトベース隊のクルーを自勢力に引き込んだこと。
アムロ・レイ、ハヤトコバヤシ、フリージャーナリストを名乗り、エゥーゴ至高論を説くカイ・シデン、
有力出資者にセイラ・マス。
一般市民に有名な彼らを囲い、
エゥーゴ=クリーン、正義という図式を浮かび上げた。
一般市民は、「あのホワイトベース隊が地球連邦政府に反旗を翻した。」
というインパクトはかなり大きく、連邦政府にしてみれば、
大きなイメージダウンだろう。

141 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 22:58 ID:???
やはり驚愕すべきはエゥーゴのプロパガンダの素晴らしさ。
一年戦争の英雄、ホワイトベース隊のクルーを自勢力に引き込んだこと。
アムロ・レイ、ハヤトコバヤシ、フリージャーナリストを名乗り、エゥーゴ至高論を説くカイ・シデン、
有力出資者にセイラ・マス。
一般市民に有名な彼らを囲い、
エゥーゴ=クリーン、正義という図式を浮かび上げた。
一般市民は、「あのホワイトベース隊が地球連邦政府に反旗を翻した。」
というインパクトはかなり大きく、連邦政府にしてみれば、
大きなイメージダウンだろう。

142 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 23:30 ID:???
やるな、三重投稿とは。

143 :通常の名無しさんの3倍:04/05/27 23:37 ID:Ov6+lDW8
カイ・シデンは本当にクソ・ジャーナリスト。
あんなのが未だにマスコミ界のみならず言論界に君臨しているのがおかしい。
大体、奴のガンキャンの活躍、本当にあったの?単にヘタレで隠れて撃ってただけだろ。
現に、アレ以来MSには一度も乗っていない。戦争に参加しないだけでなく、例えばガンキャノンの新型発表会とか、
MSとかの新型のお披露目には奴は必ず顔を出し、NTのアムロ・レイと共に戦った偉大な戦士とされているけどさ、
必ず最初は奴に試乗するようにみんな勧めるんだけど、絶対に固辞。しまいには怒り出す。
なんかおかしいだろ、絶対。
奴はまともには乗れないんだよ。
まあアムロも死んだしブライトも息子の不祥事(まあ奴の息子だからな)で軍歴を終えたから、
もう奴のいいたい放題だな。
いろいろ婦女暴行の噂も絶えないしな。やつ、昔、シロッコの愛人のレコアを手篭めにしたんだろ?
しかもティターンズにジャブローに捕まっている時にだってさ。ばかじゃねぇの?
死ぬ前にやりたいのは本能だってか?

なんだよ、ミハルってさ。自由を愛した青年がジオンを憎んだ瞬間だ?
バカいってんじゃねぇよ。
そのまえにお前の面みてそんな恋愛ができるか相談してみな。
まあお前はさっさと師ねっつぅの。

144 :通常の名無しさんの3倍:04/05/28 00:06 ID:???
なんか、30バンチ事件が否定されているようだけど、本当なのか?
そもそも30バンチ事件てなんなのだ?
俺にはよく分からん。
どういうものが定説とされてきたの?
30バンチで反政府運動があって、それを鎮圧するのにコロニー1基ごと毒ガスで鎮圧した、ということしか知らない。
あと、それがティターンズによるものだって事くらいしか。
当時って、そんなに反政府運動が激しかったのか?

145 :通常の名無しさんの3倍:04/05/28 01:18 ID:???
ジャブローの核爆発は一年戦争時代にジャブローに進入したさい
シャアが仕掛けたものだそうです

146 :通常の名無しさんの3倍:04/05/28 05:20 ID:kiVnti60
>>145
それはさすがに嘘だろう。
ならそのときに爆発させていればいいだけだろ。

147 :通常の名無しさんの3倍:04/05/28 09:00 ID:???
>144
ネタスレにマジレス・・・

148 :通常の名無しさんの3倍:04/05/28 11:05 ID:???
>>147
反論できなければネタスレ認定か。
スペースノイド必死だな(プゲラ

149 :通常の名無しさんの3倍:04/05/28 11:46 ID:???
おれ、グラナダに住んでるんだけど、こんな本が売ってないよ。
アースノイドの虚言じゃないの?

> 参考文献
> 「G−3ガスと30バンチ事件のうそ」(民明書房)
> 「二重スパイ、レコア・ロンド」(民明書房)
> 「エゥーゴの真実」(赤日新聞出版社)

150 :通常の名無しさんの3倍:04/05/28 12:15 ID:???
キリマンジャロの書店サイコ堂に行けば売ってるよ。

151 :通常の名無しさんの3倍:04/05/28 17:21 ID:???
>>149
ああ、月面都市群じゃ焚書騒動にまでなった問題作ばかりだからな。
言論の自由が保証されている地球じゃないと入手困難かも。

152 :通常の名無しさんの3倍:04/05/28 18:14 ID:???
>>149

有害図書扱いでビニールに入れられていますよ。
多分、カウンターに直接行って店員に頼まないと出てこないはず。


153 :通常の名無しさんの3倍:04/05/28 20:22 ID:???
>143
「カイ・シデンはグリプス戦役中に何者かと入れ替わった」と元ホワイトベースクルー(匿名)が
証言していたぞ。何でも外見は開戦前と終戦後で変わっていないが、中身は全く別人らしい。
(事実、終戦後アムロやブライトと会うのを避けている。)
記事を読んでも、開戦前は「ティターンズには美女がいない。しかし、エゥーゴにもいない。」と
ユーモアを交えて書いているのに、終戦後は完璧に政治的なエゥーゴ讃美しか書いていない。
別のジャーナリストは「入れ替わり直前に、シデンが「30バンチ事件」に
疑問を抱いていた」と証言している。
もし、シデンが入れ替わっていたなら、やったのは間違いなくエゥーゴだろうな。
元々シデンは親エゥーゴだったが、エゥーゴに不利な記事を書いて脅迫を受けた事もあるし。

154 :通常の名無しさんの3倍:04/05/28 20:38 ID:???
マジで!?
俺、ミスターカイのことが大好きだったから
それが本当ならエゥーゴ許せないな!

155 : :04/05/28 22:25 ID:kiVnti60
>>153

俺が知っているのは、どうやら洗脳されたとのことだけどね。
元WB隊員と交流がないのは、彼が怪しい商売に一時期手を染めていたかららしい。
なんでも、シャアの肉親の一人と(妹とも従兄弟とも)いわれるのセイラ・マスと手を組んでいたらしい。
セイラも元WB隊員だとかいう噂もあって、その縁らしいけど、セイラもカイも元WBと接触がないのは、
他のクルーが意図的に避けたためみたいだよ。
まあ、真相は闇の中かな。


156 :通常の名無しさんの3倍:04/05/29 02:08 ID:???
洗脳か買収かわからんが、
エゥーゴの裏でアナハイム・エレクトロニクスが関わってるのは確かじゃないの?
宇宙世紀100周年記念のアナハイム・ジャーナルでアナハイムの元会長のインタビュー記事書いてるけど
突っ込んで聞いてるようで、結果的にマンセーぽく纏めてられてる


157 :通常の名無しさんの3倍:04/05/29 02:26 ID:???
しかし、セイラとシャア、カイ、そしてアナハイムとの関係もよく分からないね。
ヤシマとの関係も取りざたされるけど。
旧WBコネクションとかいろいろ言われるけど、実際はもっとドロドロとしていて、離合集散を繰り返しているらしいね。



158 :通常の名無しさんの3倍:04/05/29 02:31 ID:gkH5W10C
しかし一番許せんのは、宇宙世紀の希望ともいわれる第二世代NTでもあるジュドー・アーシタを利用するために、
彼の妹をエゥーゴが軟禁したことだ。
最初はアーガマへ。次いでなんと恥知らずなことに、人質をネオジオンへ(シャアとグレミーののコネクションか?)渡し、
最終的にはあの悪名高いセイラ・マスが軟禁していたらしい。セイラ・マスはエゥーゴの幹部のブライトとも月で会い、
今後のリィナの扱いを相談した形跡がある。面白いことに、この時点ではセイラと彼の兄とも従兄弟とも愛人とも言われる
シャアとセイラの関係は冷え切っており、シャアがジュドーを利用するための人質が、逆にシャアの手を離れていたらしい。
これは、シャアとハマーンの関係一時期回復したものの、再び冷えたこととも無関係ではないらしい。
一説にはセイラ=ハマーン説もあるくらいだしね。

ここらへんは絡み合って本当によくわからん。



159 :通常の名無しさんの3倍:04/05/29 02:45 ID:gkH5W10C
さて、セイラがハマーン・カーンであるという証拠がまだある。
実は、マハラジャ・カーンというのが、全くの謎の人物なのである。
存在はしたらしいのだが、デギン公王が権力を握ると共にいつの間にか中枢にいたという。
ここから導き出されるのは、マハラジャ=ジオン・ズム・ダイクンという説である。
まさかと思われるかもしれないが、実はこれは証言もある。
当時、ジオンのカリスマと能力一つで持っていたジオン共和国は、連邦によるジオンの暗殺を極度に恐れていた。
そのため、ジオン・ズム・ダイクンは影武者を仕立て上げていたが、これが連邦のエージェントに暗殺された。
これに乗じて、ジオンは表面から退ぞき、影から共和国、そして公国を操ったというのだ。
そのために、ジオンをまとめるための方便として、忠実な片腕のデギンを公王としたというのだ。
その証拠として、彼の長男であるギレン・ザビは、まさに白眉といえる才能の持ち主であり、ジオンの高弟であった。
この親子にジオンは影から指令を出していた。
そしてジオン公国の崩壊と共にアクシズへ逃れ、ミネバを軸にジオン・ズム・ダイクンは活動を始めたというのだ。
その矢先に今度こそ本当にシャアに暗殺されてしまったのだが。

その息子のキャスバルは、死亡説も流れているが、シャアが不肖の息子であるというのが私の結論である。
シャアは政治よりも軍人の道を選び、そして最も危険な軍事力を掌で、もてあそびたがる人間になった。
ジオンはアクシズから彼を追放したが、しかしシャアのシンパ(軍人の一部)は報復でジオンを殺害した。
シャアはAEと手を組み、アクシズと対抗しようとしたというのである。
一方でジオン・ズム・ダイクンがミネバを操るための自身の後継者に選んだのが、アルテイシア、つまりハマーンである。
アルテイシアはしかし、その自己顕示欲から父のように裏方として生きることは選ばなかった。
そしておぞましいことに、彼ら兄妹はなんと近親相姦だったというのだ。そしてアルテイシアは兄を求め、
とっくに醒めてしまったという、そのすれ違いがさらに混乱を生んだ。

こうしてみると、ハマーンがアルテイシア、つまりセイラであったのはどうやら間違いはないようだ。

「ハマーン・カーン、その華麗なる生涯」(データ・ラメロウ、太公望書房刊)





160 :通常の名無しさんの3倍:04/05/29 15:04 ID:???
ギロチンのザンスカール
ギロチンで数百万人を虐殺
ギロチンの恐怖でサイド2を従わせた

これらがザンスカール帝国の悪評判を物語っている。
しかし、これが悪質な捏造であることは、論を俟たない。

ギロチンというのが、ザンスカール帝国で処刑に使われたことはあったらしい。
しかし、ギロチンというのは、そもそも死刑の際の苦痛を和らげるためのものであったことは知られていない。
それまでの斧などでの切断や絞首刑という残虐さや苦痛を伴う死刑に対して、科学的に一瞬で苦痛もなく、
切れ味も鋭いために残虐性もないように設計されたのがギロチンなのである。
そして、ザンスカールでの使用とは、自称伯爵と名乗ったコスモバビロニア主義のテロリスト、オイ・ニュングが死刑の際に、
貴族的にギロチンの使用を求めたというのだ。ザンスカールはそれに対しギロチンを製作し、処刑後に確かにそのギロチンを、
テロリストの本拠地であるある港町に運び込んだらしい。それというのも、オイ・ニュング伯爵のテロ指導により、
ザンスカールの一説には千人単位の市民軍人の死者が出ており、その意趣返しでもあったらしい。
ただ、広場にギロチンを飾ったのみで、実際には使用はしていなかった。さらに笑えることには、オイ・ニュング伯爵には、
ギロチンを製作した者が、文献を調べて忠告したらしい。ギロチン開発者が死刑になった際(よくある革命後の反動である)、
彼は実際にギロチンが即死器具なのか調べるべく、自分は活きている限り瞬きを続けるといったらしい。
そして、彼の首が落とされた後、瞬きは20数回続いたという。それをきき、オイ・ニュングは怖気づき、結局銃殺を選んだらしい。
つまり、一度も使われていないのだ。それもそのはず、そのギロチンは不具合で、ある兵士が冗談で大根を切ろうとして、
うまく切れなかったという。

こういう次第なので、ギロチンで虐殺などは不可能といってよい。その上、ギロチンと一人一人を殺す道具であり、
大量殺人には全く向かない。数万人を殺すためには、いくつのギロチンが必要なのだろうか?
しかしギロチンは現在、全く残っていない。いくつかが出てきたが、それは全て捏造品である。

つまり、ザンスカールのマリア主義に対して、連邦はそのような捏造無しにはそれを否定できなかったのである。
サイド2がマリア主義に従ったのはまさしくその奇跡以上に慈悲の心による善政であったのは否定できないないのである。

「恐怖政治の歴史」 民明書房刊

161 :通常の名無しさんの3倍:04/05/29 22:40 ID:???
トミノサクヒンオタクのの折れにはたまらない良スレ!

162 :通常の名無しさんの3倍:04/05/30 00:23 ID:???
>155
確か最初に「シデンは入れ替わったのではないか」と主張したのは
パプテマス・シロッコ大尉だった筈。幾つか証拠を挙げていた筈。よく覚えていないが。
少なくとも、エゥーゴがシデンに何かをしたのは間違いない。
今の若い世代が、開戦前のシデンを知らないのは残念だ。今のシデンは腹を切って死ぬべきである。

シロッコ大尉といえば、シャアの危険性を再三に渡り指摘していた事が凄い。
ダカール占拠事件で他のティターンズ幹部ですら、「ブレックスの後釜がシャア」
「シャアは一年戦争で最強クラスのパイロット」「シャアはあのジオンの息子らしい」程度の
認識だったが、シロッコ大尉は「シャアを倒さねば、地球が滅びる」とまで言い切ったのが凄い。
この予言が的中してシャアは隕石落としを実行したし。
0089年の4月に起こった「シロッコの声」事件で「シャアの生存及び新しい戦乱の到来」を
地球各地のニュータイプに伝えたとも言われてる。
(これは流石に創作かも知れないが、それだけシロッコ大尉が地球を愛していたという事)

シャアはシロッコ大尉を恐れ、カミーユ少年を異常強化して殺害に向かわせたらしい。

163 :通常の名無しさんの3倍:04/05/30 02:46 ID:Fpuj7eq8
>>162

シロッコについては、まだ善悪が定まっていない印象がありますね。
ともかく、エゥーゴによる暗殺ですから、残念な意味もあります。
エゥーゴによって、極悪人というよりも変人というレッテル付けをされてしまいましたね。
殺したのも、伝説的なパイロットのカミーユとの一騎打ちとの事ですが、前の投稿にもあるとおり、
カミーユというエースパイロットは実在していない可能性が高く、おそらくはただの暗殺でしょうね。
これこそ、洗脳された、または脅迫されたカミーユ少年によるものかもしれません。

シロッコは、おそらくレコア・ロンドつながりで、カイが以前と違うということを指摘したのでしょうね。
カイが入れ替わったのか、単に初心を忘れて俗物化したのかはわかりませんが、
カイ・シデンという稀代のジャーナリスト(悪い意味で)を知ったのは、そういうことでしょう。
現に、カイ・シデンがシロッコの評価を作ったともいえますから。

164 :通常の名無しさんの3倍:04/05/30 14:48 ID:???
エゥーゴが旧WBクルーに積極的に接触したのは一般人より軍人に訴求力が高かったからである
エゥーゴは民間人の参加が多かったが武装兵団の中核は連邦兵もしくは旧兵士のプロ軍人であった
現/旧問わず幅広くエゥーゴへの参加を促す為に名の知られた旧WBクルーは恰好の広告塔になった
一年戦争に従軍していた兵士には驚異的な戦果を上げたトップエース部隊の事は連邦ジオンともに兵士の間では噂以上に知られていた
中には余りの活躍に架空の部隊と疑う者もいた程だ
戦後は更に拍車がかかって旧WB部隊は半ば伝説化しており、新兵も古参兵によりガンダムの大活躍は繰り返し聞かされていた
そこに目をつけたのがエゥーゴである
あの連邦の白い悪魔のパイロットと対峙するか味方なるかと言われれば、誰もがエゥーゴと正面きって事を構えるのを考えるだろう
このような事態を恐れて、連邦政府はガンダムパイロットだったアムロ・レイ他旧WBクルーを手厚く保護していた
しかしジャブロー襲撃による連邦軍の混乱と連邦政府の動揺のスキをついてエゥーゴは旧WBクルーに接触し協力を拒んだアムロなどは拉致される事態になってしまった
結局、旧ジオン兵のみならず現役連邦兵すらエゥーゴへ協力するケースが多発し、勢力拡大をしたエゥーゴはティターンズと本格的な武力抗争を起こす事になる

D・ソーントン著『獅子の時代』より一部抜粋
(ピープライト・パブリッシャー刊)

165 :通常の名無しさんの3倍:04/05/30 15:07 ID:???
したがって、本格的内戦のきっかけとなったといわれるエゥーゴのガンダムmk2奪還作戦は、そのためである。
AEはガンダム関係の開発からは締め出されており、どうしてもガンダムの名前がつくMSが、エゥーゴには欲しかったのである。
そのため、サイド7へ攻め込み、無辜の市民を傷つけてまで奪ったという。
そのため、あとからグリーンノア1は軍事コロニーで市民はいなかったというようになったが、一般人がいたことは、あのヨシユキ・トミノの
作品でも認めれるくらいである。
その作品中では、カミーユビダンがそこの市民として住んでおり、そこからエゥーゴのエスパイロットになっていく姿が描かれているのだが、
面白いことに、カミーユは両親が軍事関係者、そしてファ・ユイリィが幼馴染の一般人として描かれている。
実際には、ファ・ユイリィ一家はコテコテの主義者で、ガンダム奪還作戦のための情報を流し、実際に作戦を補助したが、
それが見つかり、後に両親が処刑されてファのみが脱出したのは、有名な話である。

D・ソーントン著『獅子の時代』より一部抜粋
(ピープライト・パブリッシャー刊)



166 :通常の名無しさんの3倍:04/05/30 15:13 ID:???
>>165

ちなみに、AE(アナハイム・エレクトロニクス)がガンダムから締め出されているのは、例のデラーズフリート事件が原因らしい。
まあ、あろうことかテスト中に盗まれた上に、設計者がアナベル・ガトーの愛人で、彼のために核爆弾搭載の機体にし、実際に核が挿入される
実験プログラムを組み、その最中に盗ませたわけだからね。
逆に言えば、あの事件の後処理をめぐってAEとティターンズが対立し、とうとうティターンズが査察に入る寸前まで行き、AEがエゥーゴを使って
挙兵したわけだから、世界を動かした女といえるね、その設計者は。確かニーナ・アップルトンだったかな?忘れたけど。


167 :通常の名無しさんの3倍:04/05/30 16:05 ID:???
当時の資料を丹念に調査した結果、どうやらカミーユ・ビダンは架空の人物のようである
いや、グリプス戦役でΖガンダムを駆り戦功を上げた少年パイロットは実在した
しかし、彼は民間人のカミーユ少年では無い
かつてコロニー自治隊に所属しエゥーゴとティターンズの戦闘に巻き込まれて戦死した少年兵である
いや、戦死した事にされたというべきか
重傷を負った、この少年兵はAE関連と思われる月の医療機関で治療を受けたが死亡と公式記録にある
だが、彼は何らかの特殊な治療により生存していた
一体、どのような治療がなされたのか?
この件に関して当該の病院施設に再三資料の開示を要求しているが、理由説明も無く未だに拒否されたままである
これは推測だが、この時に何がしかの強化措置がとられたのではないか
でなければ、その後の彼の戦果と彼に対してのエゥーゴの異常な期待が説明がつかない
さて、この少年兵は全快するとエゥーゴの秘密作戦に参加し、アーガマに乗り組んでグリーンノア強行偵察にも帯同していた
民間人カミーユ少年が偶然にもガンダムMkUに乗ってアーガマに来た時、整備不良からかコクピットから空気漏れが発生しており彼は酸素欠乏症にかかっていた
この時、入れ替えが行われた様だ
以後の活躍は既に知られているがごとくである
偽カミーユは歴戦の勇士を相手に最新鋭のMSで戦い続けた
その戦果は素質があったにせよ民間人の少年が何の苦労も無しに成しうるのは不自然過ぎる、ニュータイプの一言で片付けられてはいるのだが
エゥーゴは民間出身の勇敢な少年兵が象徴たるMSに搭乗して戦う姿を、一年戦争の英雄アムロ・レイになぞらえて、ニュータイプ人の革新を標榜し戦意高揚に利用したようだ
グリプス戦役終盤に強化人間の宿命として偽カミーユは精神崩壊を引き起こし、戦線離脱し以後廃人同然の余生をおくる
本当のカミーユ少年の行方については一切不明である
願わくば平穏な生涯を過ごしていて欲しいものである

D・ソーントン著『月面の暗渠』より一部抜粋
(ピープライト・パブリッシャー刊)


168 :通常の名無しさんの3倍:04/05/30 16:37 ID:???
したがって、あらたなガンダム伝説を求めたエゥーゴは、ジュドー・アーシタというNTを発見した。彼の友人たちが彼をエゥーゴに打ったらしい。
しかし、ジュドー・アーシタに対してエゥーゴが行ったことは、かなりひどく、妹を軟禁した上に、一方ではルールカという少女を使い、
色仕掛けを迫ったらしい。どちらが功を奏したのかは不明だが、ともかくもジュドーはNTとしての活躍を続けることになる。
強化人間手術による暴走から廃人となったカミーユ(とされる少年)とは異なり、ジュドーは生粋の安定したNTといわれているが、定かではない。
しかし、さらに不幸なことにジュドーの妹はさらなる道具としてネオジオンの幹部に献上されたという。これをジュドーは後々まで知らず、
それを知ったのは戦後のことだという。そしてエゥーゴに絶望したジュドーは木星圏へ逃走した。

D・ソーントン著『月面の暗渠』より一部抜粋
(ピープライト・パブリッシャー刊)


169 :通常の名無しさんの3倍:04/05/31 00:23 ID:???
30バンチ事件に関して、近年多くの議論が交わされている。
事件の経緯や結果、影響のみならず、事件そのものの検証がなされており、現在まで様々な論証が重ねられている。
史学界の主流は30バンチ事件に懐疑的な見方を示し、事件そのものが捏造であったとする説まで出ている状態である。
私は、自分なりにこの事件の調査を行った。
グリプス戦役に至る一つの契機となった重要な事件だからである。
その結果、余り知られていない幾つかの事実が判明し、この事件に対する一つの解釈が成り立った。
まず結論から言えば一般に30バンチ事件と呼ばれる虐殺の事実は、やはり無いという事だ。
それならば、30バンチ事件は事実無根のデマだったのか?
その疑問に答える前に、当時の状況をおさらいしてみよう。
一年戦争後、地球連邦政府は主に地球上の都市の復興を優先した政策を取ってきた。
戦災を受けたコロニーは復旧ままならず、多くの難民が生まれたが主な受け入れ先は戦時中立を保ったサイド6や月面都市郡、そしてサイド3であった。
その上に、一時中断されていた地球上での強制移民、不当地球滞在者の宇宙への即時退去が実施された。
更にジオン残党が幾度かの事件を引き起こしたため、連邦政府は宇宙での人と物の流れを厳しく管理統制しようとしていた。
結果としてスペースノイドの連邦政府に対する反感は大きく増大し、各地でデモや集会が繰り返され、その規模も徐々に大きく過激になっていったのだった。
さて、このような事態になっても連邦政府は宇宙軍の戦力の増強は見送っていた、ジオン残党以外に脅威があるとは思われなかったためである。
それ故に各コロニーで治安維持にあるコロニー駐留軍には段々とデモ鎮圧等が重荷になっていた。
そしてU.C.0085の7月頃に各コロニーにて大規模同時デモが行われ、幾つかのコロニーで暴動にまで発展する。
実質的に人手の足りないコロニー駐留軍は宇宙軍に支援を要請し、これに応えて出動したのがティターンズであった。
ジオン残党狩りを主目的とするティターンズがコロニーの暴動鎮圧に出動するのはおかしな話である。
ティターンズの主目的は暴動鎮圧の協力だけでは無かった。
反地球連邦政府運動組織の中心人物はジオン残党とつながりがあると思われていたからである。
この時、最新のMSを出動させ、暴動を鎮圧し何人もの組織の活動家の検挙をしたティターンズの行動はスペースノイドにはかなり荒っぽいと映ったらしい。
どうやらこの時の様子が大幅な事実誤認を経て30バンチ事件となった、これが真実に近いと思われる。
だが単なる暴動鎮圧が、そこまで大きく事実と異なる程に変わってしまうのであろうか?
ここで一種の情報操作が成されたとの疑惑が巻き起こる・・・のだが、これに関しての有力な情報は何も無い。
しかし、その後に起きた一連の事件の流れ全体から省みるなら、私はある意思の介在を感じさせる。
ティターンズでもエゥーゴでも・・・ましてやAEでもない・・・そうアクシズ一党を背後にしたジオン残党が、この虚実織り交ざった事件の演出者では無いのかと思われるのである。
実際、30バンチ事件の話が各コロニーにてまことしやかに語られ、エゥーゴの武装化が進み時代が混迷を極める頃、アクシズは時を合わせるかのように地球への移動を開始した。
それをもってアクシズ首謀説の証左とする訳では無いのだが、真実は未だ闇の中である。
最後に古い文献からの言葉を記して、この項を終わりとする。
Not even justice. I want to get truth. 真実は見えるか?

D・ソーントン著『我が月、蒼く輝きて』より一部抜粋
(ピープライト・パブリッシャー刊)

170 :通常の名無しさんの3倍:04/05/31 05:18 ID:???
D・ソーントン著『我が月、蒼く輝きて』より一部抜粋
(ピープライト・パブリッシャー刊)


何で急に全角に?!

171 :通常の名無しさんの3倍:04/05/31 06:32 ID:???
「近代戦争論」    コロンヴィーヌ=コバヤシ   黒仙社

一年戦争からグリプス戦役での出来事に関して、当時から現在に至るまで様々な陰謀論・珍説・トンデモが生れた。
中でも有名なのが「30バンチ事件は捏造だった」「カイ・シデンは途中ですり替わっていた」「カミーユ少年は存在しなかった」という
トンデモ説である。では何故、これらのようなトンデモ説が流布したのだろうか。
この問題に解答を求めるとするならば、それは「自分が犯した過ちを否定したい」と思う連中が居たからである。
「30バンチに毒ガスを流す」という非人道的行為、ジャーナリストに暴かれた「横暴極まる軍閥の醜態」、
「Mk−2を簡単に奪われるという失態」などを「無かった事」にしたい為だ。
そうした願望が如実に語られ、おそらくこれらのトンデモ説が流布したきっかけとなったのが、
この「近代戦争論」という本である。
著者はコロンビーヌ=コバヤシ。この人には、もう1つペンネームがある。
「オットー=ブラウズマン」という名前に聞き覚えがある人も多いのではないだろうか?
そう、かの「一年戦争戦略史」というトンデモ本の作者である。連邦の公式文書資料館から「未発表の資料を発見した」と
偽造資料をでっち上げたり(当時の高官のサインにスペルミスが見られたり、日付の書式が違うなど、疑わしい点が
数多く見られる)、架空の証言者に架空の証言を言わせたり(証言者の身元が確認できない)、
月軌道上にサイド3があったり(著者自身が書いたという宙域図が本に掲載されている)と、やりたい放題である(笑)

(中略)

この「近代戦争論」は「一年戦争戦略史」の焼き直しであり、ブラウズマン氏の論旨とまったく同じなのである。
いくらなんでも「考える内容がまったく同じ人間」が存在するはずが無い。
つまりこの2人は、同一人物と考えた方が自然なのである。

172 :通常の名無しさんの3倍:04/05/31 06:42 ID:???
アースノイド必死だなw
藻前ら一体何時まで地球に引きこもってるつもりなのw
1回でいいからせめてフォンブラウンにくらい出てきたらw

173 :通常の名無しさんの3倍:04/05/31 06:53 ID:???
>>171の続き)
(中略)
さらにコバヤシ氏はこう語る。

>軍が動き、30バンチの人間を皆殺しにするだけのガスを使用したとなると、相当の金額が動くはずである。
>暴動を抑える為だけに、軍が大金を使ってまで高いリスクを犯すだろうか?
>普通に考えれば答えは「NO」である。しかし実際に30バンチの人間は死に、これがきっかけで
>エゥーゴは「反ティターンズ」という大義名分を手に入れている。
>ティターンズが毒ガスを流したという事は既に否定された。残る回答は1つしかない。
>すなわち大義名分を手に入れる為の、エゥーゴによる自作自演だったのである!!

ぶははははは!
いや、失礼。でも、ペンネームを使い分けて自作自演してる人間に言われたくないなぁ(笑)
しかし「軍隊が動くと、お金も動く」という部分は正しいものの、初めから住民を毒ガス殺す気でいるという
(順序を間違えた)条件を前提にして語っていくのも凄いが、
「高いリスクを犯す事になるから、やるはずが無い」という根拠だけで30番地事件を否定しちゃう所も凄い。
そんな連中だったら、グリーンノアから住人を追い出して要塞に改造したりしないよ(笑)
大体、毒ガスによる住人虐殺がティターンズの手によるものでないとしたら、ティターンズに所属していた
ウィンスト=カジミール元中佐の「私は一生忘れる事が出来ないだろう。無味無臭の透明な死神が、
苦しい生活の改善を訴えていただけの人間を、不幸な形で「楽に」していった光景を。これを後悔しない人間は
かつてのギレン=ザビと話が合うのであろう」という手記はどうなる?
(カジミール元中佐は退役後にティターンズを批判する著書を出しているが、同時にエゥーゴのやり方も批判している人物である)

174 :通常の名無しさんの3倍:04/05/31 07:23 ID:???
>>173の続き)
救難艇のメンテをしていたお陰で毒ガス攻撃から奇跡的に助かり、自力で脱出したバーナード=リッチモンド氏の
「バタバタと友人知人、同僚達が倒れていくのが小窓から見えた。もがき苦しみ、喉を掻きむしるので血塗れに
なっている人もいた。誰もが動かなくなった静寂の中、連邦の軍服を着たガスマスクの人間だけが動いていた」という
証言はどうなる?
連邦軍のアルデナウアー少将が30バンチ事件発生直後にマスコミに漏らした「ティターンズのやり方は、
まるでジオンのそれだ」という発言は? 元ティターンズ事務官ダグラス=マッコイ氏が「急に各方面の基地へ
日用雑貨を大量に配送する旨の書類にサインするよう命令が来た事がある。膨大な費用が掛かったが、今思うと
30バンチ事件の直後だったと記憶している」という証言は?
コバヤシ氏は、これらの証言や、数々の証拠を無視する。
自分の論旨に合致しないからだ。
無視しきれない部分は全て「捏造」だとか「陰謀」だとかという言葉で否定する。
大体、彼が「捏造」の根拠としている資料というのが「一年戦争戦略史」だし、歴史家からはとっくの昔に無視されている
トンデモ歴史研究者・エルドリッジ博士の著書だとか、オカルトに傾倒している歴史作家オズボーン氏の評論ばかり
なのだから(オズボーン氏によるとギレンが死んだのはインディアンの呪いらしい)一次資料として信憑性に欠けること甚だしい。
映像資料として「昔見た映画」(※記録映画ではない)と言ってるのだから勘弁してもらいたい。

(中略)

つまり、自分が信じていた物が「間違いを犯した」と信じられず(あるいはそれを隠そうとして)、飛びついたのが
「陰謀論」「捏造説」という安易な逃げ道だったのである。
ティターンズと戦ったのはエゥーゴと言う武力を持った集団だけではない。武器を持たない一般市民やジャーナリズムも
ちゃんと戦っていたのである。そうした人達と、彼らの存在や戦いを無視し、事実を受け止める勇気も無く、目をそらして
自分にとって都合の良い過去だけを糧として生きているコバヤシ氏のような人間を比べれば、正しいのはどちらなのか・・・火を見るよりも明らかだろう。
(文責:ジューゴ=H=ヤマモト)

※0091年発行「トンデモ戦争論の世界R」(白百合社・ガ学会)第2章より抜粋                           


175 :通常の名無しさんの3倍:04/05/31 17:17 ID:???
最近否定的な論調が多い30バンチ事件であるが、とんでもないことである。
すでに論破されているにもかかわらず、どうした何度も現れるのか。
スペースノイドたちの自虐史観そのせいも原因だとは思うが、
それ以上に歴史を直視しない軽薄な人々による政治的意向が見え隠れしてくる。
では、以下にもう何十回も繰り返しになるが、30バンチ事件はなかった派を論破してみたい。

1)30バンチは廃棄された鉱山コロニーだった
 廃棄されたコロニーとはいえ、人は住んでいなかったとはいえまい。
 むしろ、抗議のためにこのコロニーに集まったともいえる。
 市民に迷惑をかけないためだ。また、30万人という数だが、
 30バンチで5万人、その他のコロニーで25万人が虐殺されているのだ。
 これは広義の30バンチ事件といえないことがない。

2)30バンチで虐殺などなかった
 当時の記録を調べると、サイド2で葬式が1日にある葬儀会社で37件もあった日があるという。
 平均すれば、3ヶ月の間、1日30件とみられている。
 すると、葬儀会社はサイド2でおおよそ20社以上はあるとして、600件。90日間葬儀をすれば
 5万4千である。つまり、虐殺はあったのである。

3)G−3ガスは殺人ガスではなかった
 G−3ガスという殺虫ガスがあったとしても、G−3ガスという殺人ガスがなかった証拠ではない。
 また、そもそもティターンズでは毒ガスをジェノサイドー3をいう符号でよんでいたという
 新説もでている。G−1が核、G−2が生物、G−3が毒ガスだというのである。
 この推測が決定打にちがいない。

4)サイド2は親ティターンズであった
 これこそ嘘である。ティターンズが独裁的な悪の集団だというのは、当時から広く知れ渡っていた。
 ティターンズは地球出身のエリートであり、そんな集団をスペースコロニーが支持するはずがない。
 サイド2がティターンズ派であることなど、ありえないのである。

これでもまだ30バンチ事件がなかったなどといってる無知蒙昧な輩が多いのだが、識者によれば、
すでに論破されているといってよい。


176 :通常の名無しさんの3倍:04/05/31 17:19 ID:oplWLj7M
↑「30バンチの詭弁。重罪を隠そうとするものたち」(大林義則著:毎朝新聞社出版)

177 :通常の名無しさんの3倍:04/06/01 18:36 ID:8Yi73HvV
アースノイド必死だな(プ

178 :通常の名無しさんの3倍:04/06/01 20:02 ID:???
それしかいえないのか?
反論はないのか?

179 :通常の名無しさんの3倍:04/06/02 00:39 ID:???
重力の束縛から解き放たれて、魂が解放されたとか言っているスペースノイドにマトモな反論なんか出来る訳が無い
所詮は地球上で使い物にならなくて、宇宙に叩き出されたゴミみたいな連中の集まりだからな
ジオン・ダイクンにしろザビ家一党にしろ自分達の耳に心地良い事言う奴らの言いなりになっちまう低脳どもだし
挙げ句な大量虐殺した癖に、そんな事も忘れて、でっち上げの虐殺事件でアースノイドを非難する
ほっとくとまたまた大規模破壊行為を繰り返しかねないスペースノイドは野放しには出来ないから、やはりキチンと統制しないといかんね
地球連邦政府に楯突く奴は、とっとと粛清して二度と過ちを冒さないか厳しく監視すべきだな

180 :通常の名無しさんの3倍:04/06/02 13:08 ID:CVi4Z5LJ
ジオンが虐殺したなどとでっち上げているのも、
エゥーゴと組んでティターンズの虐殺をでっちあげているのも、地球連邦ですがなにか?

181 :通常の名無しさんの3倍:04/06/02 14:54 ID:FbC43SKv
スペースノイドは一生トイレットペーパーの芯に引きこもってろw
おまえら空気吸うのも金が必要なんだろw
そうまでして生きたいかねえ(プゲラ

182 :通常の名無しさんの3倍:04/06/02 17:50 ID:iKTNoeRK
地べた這いまわってるみなさん?頭の上にきをつけてね



183 :通常の名無しさんの3倍:04/06/02 21:07 ID:???
コロニーのみなさんも、空気もれにお気をつけてね。
エリートの私も頭上に気をつけます。あなたの死体入りのコロニーが落ちてこないかね。

184 :通常の名無しさんの3倍:04/06/03 16:09 ID:???
地球に寄生して汚染しまくってるくせにエリート気取りかよ。おめでたいな

185 :通常の名無しさんの3倍:04/06/04 09:48 ID:???
>171-174
>おそらくこれらのトンデモ説が流布したきっかけとなったのが、
>この「近代戦争論」という本である。
発行された0089年には既に戦時報道への疑問が出ていた。
しかも、地球にはまったく流通していない。何故かスペースノイドがやたらとその本を持ち出すが、
ティターンズ擁護派がその本を持ち出すのは見た事が無い。

>そんな連中だったら、グリーンノアから住人を追い出して要塞に改造したりしないよ(笑)
エゥーゴの攻撃を受けて壊滅状態になったコロニーをティターンズが再利用したというのが
真相。生き残った住民はティターンズの保護の下、他のコロニーに移住している。
(強制移住と言えなくも無いが、コロニーの破損状況を考慮すると無理も無い。
 一部のエゥーゴ支持者がかなり脚色をつけたようだが。ユイリィとか。)

>ウィンスト=カジミール元中佐
0085年はずっと地球にいたが?

>バーナード=リッチモンド氏
これは初耳だ。明確な情報元を。

>アルデナウアー少将
アデナウアー・パラヤ? 後にシャアに地球を売ろうとした男が?

>ダグラス=マッコイ氏
文字通り「日用雑貨を大量に配送する」為だ。0085年はティターンズが本格的に活動を始めた年。

たかが、一人のトンデモ著者を批判しただけで、
すべてのティターンズ擁護者を批判出来たとは思わないでいただきたい。

186 :通常の名無しさんの3倍:04/06/04 09:49 ID:???
>175

>廃棄されたコロニーとはいえ、人は住んでいなかったとはいえまい。
廃棄されたというのは、人が住んでいないという事だよ。(極少数の管理者を除いて)
それに、「30バンチで5万人」は既に初期の報道とは違っているではないか。

>当時の記録を調べると、サイド2で葬式が1日にある葬儀会社で37件もあった日があるという。
これはいい。
>平均すれば、3ヶ月の間、1日30件とみられている。
あるコロニーでの平均だよ、それは。
大体、例の30バンチはサイド1だし、虐殺された人を一人一人葬式するわけが無いではないか。

>この推測が決定打にちがいない。
それだけではサイド1の「G−3」と、ティターンズの「G−3」が同一とは言い切れない。

>これこそ嘘である。ティターンズが独裁的な悪の集団だというのは、当時から広く知れ渡っていた。
>ティターンズは地球出身のエリートであり、そんな集団をスペースコロニーが支持するはずがない。
それが捏造だったと言っている。

187 :通常の名無しさんの3倍:04/06/04 10:48 ID:???
>>185
>>アルデナウアー少将
>アデナウアー・パラヤ? 後にシャアに地球を売ろうとした男が?

この2人が全然別人である事は、これまでの議論でティターンズ擁護派も認めていることだ。
(公式文書に残っている少将の軍歴とその活動記録が決め手になった)
その程度の常識も知らないで揚げ足取り気分全開とは片腹痛いな。

188 :通常の名無しさんの3倍:04/06/04 11:08 ID:ogVOSguO
>>186
管理人だけでも、かなりの数がいるはずだ。
それに、廃棄されたコロニーにも不法とはいえ人は住んでいた可能性もある。
それに、反政府運動のために30バンチに人があつまった結果、5万人という数字になったのだ。
たしかに5万人は30バンチだが、広義の30バンチ事件は30万人だ。グリプス戦役という30バンチ事件の
続きによって、30万人は死亡している。

大体、例の30バンチはサイド1だし、虐殺された人を一人一人葬式するわけが無いではないか。
そういうこと。つまり、すくなくともその葬儀の数だけの死者がおり、
それ+葬儀もされないで残っている、それ以上の死者=5万人以上、ということ。

>それだけではサイド1の「G−3」と、ティターンズの「G−3」が同一とは言い切れない。
同一とは言い切れないが、同一でないともいいきれない。むしろ、同一と見たほうが自然で一般的で、
定説となっており、学会でもそれが認められている。

>それが捏造だったと言っている。
現存するティターンズの名簿には、スペースノイドは含まれていない。アースノイドで連邦士官=エリートだろう?
当たり前のことをいっている。

189 :通常の名無しさんの3倍:04/06/04 11:16 ID:ogVOSguO
バーナード・リッチモンドは、グリプス戦役後に、熱心な毒ガスなどの大量虐殺兵器廃絶を訴えるための活動をしている団体の
いくつかのパンフレットの中に、彼の証言が掲載されている。
問題の部分を引用してみる。

「(抜粋)気がつくと、私は救難艇の中にいた。メンテナンスのために船外活動をしていたのだが、
いつの間にか気絶してしまったらしい。おそらく、ティターンズの秘密兵器で目撃者は気絶させられたのであろう。
私たちは慌てて30バンチから出発しようとしたが、それは僥倖であった。
あとから私が同僚のバーナード・リッチモンドに聞くと、30バンチでは虐殺があったらしい。
「バタバタと友人知人、同僚達が倒れていくのが小窓から見えた。もがき苦しみ、喉を掻きむしるので血塗れに
なっている人もいた。誰もが動かなくなった静寂の中、連邦の軍服を着たガスマスクの人間だけが動いていた』
と彼がいった。私たちはすんでのところで逃れたのだ」

この手記の作者は、大量虐殺兵器廃絶平和愛好団体の一員で、彼の証言を載せている。
バーナード・リッチモンドは、ティターンズに殺されたらしい。

190 :通常の名無しさんの3倍:04/06/04 11:22 ID:???
とにかく、最新作で、ヨシユキ・トミノが新解釈を打ち出すらしい。
かつて名作といわれた旧作も、彼は多くの部分で誤りを含むためにちがいない、彼は好きではなかった。
彼はおそらく、30バンチ事件をはじめ、ティターンズを悪の集団としたことを改めたいのであろう。
これだけ正しい意見が出てくれば、ヨシユキも旧作を放っておけないのであろうね。
まあいいことだ。

http://www.z-gundam.net/

星を継ぐものとは、ティターンズのことだろうね。

191 :通常の名無しさんの3倍:04/06/04 11:38 ID:???
トミノ氏が、過去に製作した作品は、
エゥーゴのプロパガンダとしてムリヤリ作らされたものだ。
ティターンズを悪とすることをエゥーゴに強制させられた体験を、
「嫌でしたね、本当に嫌でした。」と語っている。
この作品は、民間の放送局からテレビでも放送されたため
ティターンズが悪という間違った認識が広まってしまった。
ダカールの件といい、エゥーゴはひたすら自分たちに
都合の良いプロパガンダを行う組織だ。
だまされてはいけない。

192 :通常の名無しさんの3倍:04/06/04 15:17 ID:???
ハァ?
トミノはバリバリのティターンズ否定派ですがなにか?
今回は虐殺シーンを追加するという情報が入っていますけど?


193 :通常の名無しさんの3倍:04/06/06 01:49 ID:???
投稿者:キエル・ハイム(19・留学生・ゲンガナム市)
わたくしはゲンガナム大学にて黒歴史と呼ばれている宇宙世紀時代の政治・経済を専攻して
いる者ですが、このスレッドは冬の宮殿に収蔵されている映像資料を通じての研究を進めて
いる自分にとってなかなか刺激的で興味深く、探求の励みになります。
さて、このスレを読んできて二つほど疑問が浮かんだので、このスレの諸兄らの御高説を
是非伺いたいのでものです。よしなに。

1、このスレにも度々出てきている「デラーズフリート事件」なる事象ですが、当事件並びに
使用されたとされる超兵器における公式文書の類が一切存在しないようなので、わたくしは
連邦軍艦隊演習中の事故を覆い隠すために事件当初連邦官僚が捏造した嘘の可能性が
高いと考察しているのですが如何でしょうか?

2、エゥ-ゴの指導者ブレックス・フォーラ准将暗殺事件は本当はクワトロによる内部抗争を
ティターンズの仕業に見せかけた自作自演ではないでしょうか?

194 :通常の名無しさんの3倍:04/06/07 22:39 ID:xlNiWTBQ
1、AE社による連邦艦艇分捕り作戦です。
核爆発で巻き込まれたことにして、相当数がAEのエゥーゴの前身の武装集団に渡りました。

2.その通りです。AE派、旧ジオン派、カラバ派の三派で争っており、旧ジオン派がカラバ派を取り込むために
行いました。しかし、最終的には旧ジオン派は追い出され、第二次ネオジオン結成となるわけです。

195 :通常の名無しさんの3倍:04/06/07 23:40 ID:???
>190
ヨシユキ・トミノのような木星帰りの男を信じろと、君は!

196 :通常の名無しさんの3倍:04/06/08 15:43 ID:FXSOcIwF
age

197 :通常の名無しさんの3倍:04/06/08 16:42 ID:Mbcth0Od
ブレックスを暗殺したのもどうやらクワトロらしいからな。

198 :通常の名無しさんの3倍:04/06/08 16:51 ID:LdbV3+KE
>>197
寝言言ってんじゃねーよアースノイドがw
ティターンズの“自称”エリート部隊は
ジャミトフがシロッコに暗殺されたって噂じゃねーか
それと混同してんじゃねーよw

199 :通常の名無しさんの3倍:04/06/08 17:29 ID:FXSOcIwF
シロッコは裏切り者だからね。奴はティターンズの理想など全然信じちゃいなかった。
確かネオジオンだかのスパイだったはず。
だから、ハマーン・カーンとの対決もやらせで、双方とも本気で戦おうとしなかったはず。
部下のサラが「あなたには見えないの?パプティマス様は私たちの見えないところで戦っていらしゃるわ」
とかぬかしたらしいけど、単に「バカには洋服は見えません」ってだけだろ。
だから、シロッコはハマーンの船にジャミトフを誘導して、そこで二人で共謀して殺したんだよ。
最後もシャアをその証拠にハマーンと追いかけて、カミーユが邪魔しにきたところを、命をかけて
ハマーンのために援護してハマーンがシャアと対決出来るようにしていたしな。



200 :通常の名無しさんの3倍:04/06/08 17:56 ID:???
群雄に関するエピソードは数多いが、シロッコに関してはその量がぬきんでている。
しかもその殆どがシロッコの人格面を褒め称えるものだ。
また、批評の中にも、「命をかけてカミーユのハイパー化を阻止し、人類の滅亡を
阻止した」と明言しているものさえある。「カミーユのハイパー化」などといった
ものの存在は疑問だが、シロッコが平和のために命をかけて散っていったことだけは
間違いない。
これらに関してはネット上の文献が残されている。
内容が軍務に殆ど触れておらず日常生活や補給整備時のエピソードなあたりが特徴で、
シロッコの柔和で気高い人格をよくあらわしていると思う。

 URL -> http://comic4.2ch.net/test/read.cgi/x3/1085847779/l50

実はここは一度検閲で取り潰されている。
もう見ることはできないが、過去のURLだけ記しておく。

 URL -> http://comic4.2ch.net/test/read.cgi/x3/1071501090/l50 (現在は参照不能)

シロッコの特徴は、たとえば「カミーユ・ビタン」が「カミーユ」、「ブライト・ノア」
が「ブライト」と呼称されるのが一般的なのに対し、「パプティマス・シロッコ」が
「パプティマス」ではなく「シロッコ」と呼称されることである。
いかにシロッコがクルーから慕われていたか、クルーにとって身近で尊敬できる存在で
あったかが伺える。
これは、若輩であったにも関わらず残虐な性格で嫌われつつも恐れられていたカミーユ・ビタン
や、ヤシマ重工の養子という立場を盾に取り修正などと称して艦内暴力を日常的に
ふるっていたブライト・ノアでは、絶対にありえないことである。

201 :通常の名無しさんの3倍:04/06/08 18:33 ID:???
何せ宇宙世紀のパプテマス・ヨハネだからね。

202 :通常の名無しさんの3倍:04/06/09 01:27 ID:???
>>200

それ、ブライトの話は聞いたことあるな。
実際は養子だから、ブライト・ヤシマになったのに、エゥーゴではノアを貫き通したって。
だから、エゥーゴに入るまでは、ブライト・ヤシマの名前で登録されていたのを、勝利者になったのをいいことに、
ノアに公文書もかえさせたんだってさ。
ミライとの仲が冷めると同時に、そうさせたらしい。子供たちにもノアを名乗らせてね。
ちなみに、娘のチェーミンは、兄のハサウェイの不始末により、ヤシマを名乗っているけどね。

203 :通常の名無しさんの3倍:04/06/09 03:38 ID:???
ブライトとミライの仲が冷え切ってたのは仕方ないよ。
ミライの私生活は非常に乱れていて男を次から次へと乗り換えるタイプだったから、
WBクルーの殆どと寝ていたんだ。ブライトはその中の一人にすぎなかった。
実際には、トラブルで得た艦長職を盾にとって強引にミライをモノにしたらしいけどね。
それが後に、ブライトにとって屈辱の養子縁組の原因になったわけなんだけど。

一年戦争終結時ミライの腹には子種が宿っていたんだけど、実際にはこれが誰の
子かは分からなかった。
何せ、父親は、ヘタをするとWBクルーではない可能性さえある。
ハサウェイの身勝手は、アーガマで厨的行動で捕虜逃亡幇助などで問題を起こした
カツを彷彿させることから、ハサウェイの父親は実はカツで、ミライがまだ子供だった
カツをつまみ食いしたときの子供であるという説まであるくらいだ。

 ※ そう考えると、当初素直だたカツの性格がアーガマ時代にはゆがんでいたのは
    ミライの性欲処理のはけ口にされた性的虐待の過去によるものだとも思える。
    そのくらい、ミライの私生活は乱れていた。

ミライは当然子供をおろそうとしたけど、戦争のゴタゴタで機会を逸してしまった。そして、
ヤシマ重工の取引先に妊娠がバレてしまい、誰でも良いから結婚してしまわねば
ならない立場になったわけだ。その相手として、若くして艦長職を務めたブライト・ノアが
イメージ的に適任だった。
ブライトはこのとき色々と条件をつけようと交渉したが、艦長代理就任直後に立場を盾に
ミライを無理やりレイプした事実をもちだされ、結局殆ど交換条件を引き出せないまま、
父親の分からない子供を認知するハメになったんだ。

こんな夫婦が仲が良いはずが無い。
ハサウェイへの虐待は日常茶飯事だったようで、これがのちのテロ行為の原動力となった。
また、ミライの男あさりも結婚後もおさまらなかった。
ハサウェイはまだ黄肌でブラウンの髪だからブライトの子で通ったが、第二子のチェーミンに
いたっては髪色からしてブライトの子であろうはずがない。ブライトはミライが男あさりで家を
あけるのを良いことに、毎晩のように幼いチェーミンをレイプして、その結果チェーミンは
ブライトに全くなつかなくなり、ヤシマ姓を名乗ることになった。

当時ミライの色彩は衰えていて、元々派手さのない東洋系であることもあいまって、
愛人も減って行った。
するとミライの寝る相手は拾ったオトコから買ったオトコにシフトしていく。
チェーミンの父親はカネで買った男娼説が有力だよ。

204 :通常の名無しさんの3倍:04/06/09 04:23 ID:ZwNcrSET
チェーミンの父親はおそらくブライトだと思われる。
その証拠に、チェーミンを溺愛したらしい。
ブライト夫妻の蜜月期だね。
ただし、ハサウェイは違いそうだね。
ハサウェイの父親は、スレッガー説、カイ・シデン説が有力だけど、
シャア・アズナブル説なんてのもあるらしい。
でも、個人的には残された写真からみて、ブライト説をとるけどね。
ただし、虐待が日常茶飯事だったのは本当で、香港に逃げた後も、
グリプス戦役が終わってもブライトの元へは戻ろうとしなかった。
ブライトは、有名なのはラビアンローズの艦長代理エマリーだけど、これはむごいよね。
アーガマの楯になることを命じて、敵に殺させて自分は生き残るという一石二鳥をやったんだから。
あとはブライトにはファ・ユイリイやエルピー・プルなどもあるし、エル・ビアンノにはパパと呼ばせていたらしい。
(これがビーチャのアーガマ脱走の原因とされているね)。
あとは、噂だけど、レコアをシャアと取り合って、それに嫌気がさしてレコアがシロッコに寝返ったとか、
エマにセクハラをしてエマがラーディッシュに逃げ出したら、今度はヘンケン艦長にストーカー行為をされたとか、
まあ悪名はいろいろある。

205 :通常の名無しさんの3倍:04/06/09 04:31 ID:ZwNcrSET
>>200

確かに、ハイパー化の危険性については、ヨシユキ・トミノが、小説及びドラマに書いている。
ダンバインというもので、その中のハイパー・ジェリルという章で、ハイパー化した場合の、
周りのみならず本人への危険性を言及している。
そのため、カミーユ・ビダンのハイパー化の兆候をシロッコは見つけて、それを止めようとしたのは、
彼が同じNT、つまり同志としてのものだったというね。
ハイパー化は三段階あって、一つ目はまず本人の無敵化、そして巨大化、最後には本人の自爆となる。
カミーユは結局ハイパー化は一段階目でとまったのは、シロッコの身を挺した犠牲のおかげだね。
カミーユは精神障害にかかったけど、それでも生き残れたのは彼のおかげ。
シロッコは死後も必死にカミーユにこっちの世界にとどまるように呼びかけたらしい。
そこらへんのNT同士の感応についてはよく分からんけどね。
いわれるほど極悪人ではないらしいね。


206 :通常の名無しさんの3倍:04/06/09 11:18 ID:???
>>204
ブライトがチェーミンを溺愛って、それは娘としてではなく愛人としてじゃないの?
父親が分からない女子でミライがあの通りの浮気性だったから、自然に考えて、ブライトの
血は引いてないと思うよ。
戦中の英雄ってことで美化されてはいるけど、ホワイトベースやアーガマ内での修正と証した
恣意的な暴力行為は日常茶飯事だったってのは元クルーの手記からも明らかだし、決して
人に好かれる性格ではなかった。立場を悪用し女性クルーを手篭めにしたのも事実のようだし、
ビタンの痴呆症も、自分より目だったビタン少年を、ビタン少年の暴走気味な行動を理由として
虐待と折檻を繰り返したことが原因の一つだ。
エマリーの死も、子供ができたと告げたエマリーに堕胎を迫ったにもかかわらずエマリーは
産むと主張したため、母体ごと子供を「なかった」ことにするための工作によるものだ。

そんなブライトの性格からいって、自分の子ではない(あるいは、自分の子ではない可能性のある)
子供を愛するなんて無理だと思う。
それに、自分の子を宿したエマリーを自ら謀略によって抹殺したり、少年兵の多かった
ホワイトベースやアーガマで日常的に虐待と暴力を繰り返してきたブライトが子供好きである
はずもない。
チェーミンは夫婦仲が冷え切ってブライト自身も出張で家をあけっぱなしの時期の子供だから、
多分ミライとの関係も無かったと思う。関係していないのに出来た子供が自分の子であるはず
は無い。
そうすると、ブライトには、チェーミンに手を出さない理由は無いよ。
ただ、手の出し方が違っただけ。
流石にホワイトベースやアーガマ時代の少年兵少女兵に対するような暴力は対外的にまずい
から、チェーミンへの虐待は性的なものが中心になっていた。
取材を受けたときに、チェーミンはブライトと同じ寝室で寝せていると答えたんだが、それが、
「ブライトはチェーミンを溺愛していて片時もはなそうとしなかった」とゆがんで伝わったんだよ。
実際にはチェーミンは手近な性の捌け口にされていたのさ。

207 :通常の名無しさんの3倍:04/06/09 16:01 ID:???
>>206

ちょっとおまい、それは「英雄と呼ばれた人たちの真実(第二巻:ブライト・ノア)」(太公望書房刊)の丸写しだろ。
エマリーのこととか全部妄想だぞ。
一方的な見方の内容を載せて、顰蹙を買っているシリーズだ。
ミライとのことだってそうだし。
んと、なんていえばいいのか分からんが、ここはむごいインターネットだな。
ただのゴシップだらけのそんな裏づけもない捏造の三流本を種本に語るだなんて、さすが2チャ
ンネルだな。
はっきりいって、ブライト艦長を貶める意図があるとしか思えない。
あんたは知らないだろうけど、ブライト艦長は素晴らしい人だよ。
ハンゲルグ・エヴィンなんかも滅茶苦茶な書き方していたしな、その本。
あらさがしとかそういうレベルではない。全部違っている。
だから、あんたも引きこもってばかりいるなら、きちんと色々な意見の本をよみなさい。
ねこだいすき


208 :通常の名無しさんの3倍:04/06/09 17:26 ID:???
縦読みかよ。何世紀前の文化だよ(;´д`)

209 :通常の名無しさんの3倍:04/06/11 20:28 ID:???
1日1捏造

210 :通常の名無しさんの3倍:04/06/11 21:58 ID:???

レコアが辱めをうけたというのは捏造。

当時、エゥーゴのスパイをやっていた彼女は、ティターンズに捕まった際に、
色仕掛けという手段をつかって逃がしてもらおうとした。
しかし、綱紀粛正の行き届いたティターンズの兵は、色仕掛けなどには乗らなかった。
自分の色仕掛けが通用しなかったことにちょっとムカついたレコアは、
くやしかったので、辱めを受けたなどと言いふらしてしまったが、
このときのティターンズ兵たちの礼儀正しさや紳士な態度に好感をもち、
のちにティターンズに行くきっかけとなった。
本当に辱めを受けたなら、そのようなことをする組織に行きたくなるはずはないだろう。


211 :通常の名無しさんの3倍:04/06/12 00:44 ID:???
>>210
納得!
良レス

212 :通常の名無しさんの3倍:04/06/13 22:27 ID:HGL2HwZn
>>210

じゃあ、あれは嘘か?
有名な18禁映画の「レコア」での描写は。
あれでは、ティターンズに陵辱されたものの、変態色魔のレコアは、その味が忘れなくて、
それを求めにティターンズへいったというのは。
う〜ん。おれはティターンズはレ○プ魔人の集まりかと思っていたよ。

213 :通常の名無しさんの3倍:04/06/13 23:24 ID:???
>>212
あれは記録映画でもないし。

それどころか、監督はAVやVシネマで皆殺しの帝王と呼ばれた人で
配給は、売れるためなら何でもやる、悪名高き香港ムービー。
どう考えても受け狙いのエロ映画以外の何物でもないやんw

一部スペースノイドの人権派はあの映画中の陵辱をマジに受け取る者もいるようだが・・・

214 :通常の名無しさんの3倍:04/06/14 01:41 ID:???
ポルポトの大虐殺が捏造だと?カンボジア人の前でそういってみろ

215 :通常の名無しさんの3倍:04/06/14 03:48 ID:???
おれがショックだったのはマフティーが息子だと報道された後の記者会見で「妻は深い悲しみを隠せないようだ。夫として父として申し訳ない。」と言った後に「もっともムスコで妻を泣かせるのは初めてではありませんが…」という発言だな。

216 :通常の名無しさんの3倍:04/06/14 11:47 ID:???
>>214

ネタスレでマジレスかこいい。
ちなみに、朝日新聞の本多勝一は、やさしいポルポトと書いていたそうですけどね。

>>1は単に虐殺の真贋を問わず挙げただけでしょ。
東京大空襲だって、どう考えたって捏造じゃないものと、
南京みたく捏造とされつつあるものも同列になっているし。

217 :通常の名無しさんの3倍:04/06/14 11:53 ID:???
どうやら、事実上の離婚だったらしい二人だが、本当に籍も抜いたらしいね。
ヤシマ重工はブライトなしでも別に前から連邦には食い込んでいるしね。
むしろミライ・ヤシマには別の縁談がすでに用意されているらしい。
しかし、本当に久しぶりに顔をあわせたみたいだよ、あの二人。
記者会見で、一瞬ブライトはミライが髪型を変えたせいか、気がつかなかったみたいだし。

218 :通常の名無しさんの3倍:04/06/14 21:23 ID:???
>>216
(゚Д゚)ハァ?
一週間戦争のジオン軍を見て「スペースノイド的やさしさ」と書いたのはアサヒの和田俊記者だろ?

ホンカツが正当化しようとしたのはジオンのマハル・コロニー全住民強制疎開だよ。
(その後ホンカツは反ジオン・親エゥーゴに鞍替えし、名著『サイド2大虐殺』を書くんだが・・・)
アサヒ批判も結構だが、もっと勉強しないと。

219 :通常の名無しさんの3倍:04/06/15 05:43 ID:???
>>218

おまいこそ、ホンカツを誤解している。
ホンカツの著作は二分される。共産系及びスペースノイド系の国、勢力での取材と、
西側及びアースノイド系での取材だ。
前者は全て基本的に捏造というか、先方の証言をそのまま取り入れている。
だから、「サイド2大虐殺」は名著でもなんでもない。
全部エゥーゴの主張を100%取り入れただけの、政治宣伝本。
「ダカールでのネオジオン」なんかも、ネオジオンを正当化しただけのクズ本だ。
逆に、「コロニーの落ちた地」、「ジャブローの地で」、「熱砂の決戦」
などはそこそこ評価できると思う。


220 :通常の名無しさんの3倍:04/06/15 15:54 ID:???
1日1捏造

221 :地球市民:04/06/15 20:45 ID:???
>>218
>一週間戦争のジオン軍を見て「スペースノイド的やさしさ」と書いた

よく的を得てるじゃん( ´,_ゝ`)プッ
狂ったイデオロギーで同胞を大量殺戮した下民共にふさわしい皮肉な論表だね(プゲラ

222 :通常の名無しさんの3倍:04/06/15 22:32 ID:???
的を射る、な

223 :通常の名無しさんの3倍:04/06/16 00:06 ID:???
>>222
最近の学説では、的を得るこそが正しいとか。
どうでもいいけどね。
ガンダム世界では汚名も挽回するものだし。

224 :通常の名無しさんの3倍:04/06/16 13:46 ID:???
>>223
ジェリド中尉の汚名挽回発言は、バスク大佐が「私は、ティターンが汚名を
かぶることで他が救われるなら喜んで汚名をかぶろうと思う。だがこのまま
では将校たちが気の毒だ。泥はすべてティターンがかぶる!ただし将来
これを挽回する機会を与えてやってほしい!」と会議で発言したのを受けて、
敬愛するバスク大佐にあやかってわざと使った言い回しだよ。
ほら、よくあるだろ。CDのタイトルでわざとスペルミスした単語を使ってみたり
するやつ。
なので、当時は、ジェリド中尉の決意と忠誠心の表れとして、汚名挽回発言は
おおいに評価されたものさ。
その汚名挽回発言の記録が残っていたのをみて、戦争に勝った側が、
ティターンの知能はこんな低いんだぜと宣伝する材料に使ったわけだ。

225 :通常の名無しさんの3倍:04/06/16 15:48 ID:UVVXaJ7d
>>224
その前に、「名誉あるティターンズ諸君たち」
という語りかけがあるんだよね。だから、「これを挽回する機会〜」の「これ」
とは、名誉の代名詞なわけで、バスク大佐は間違ったわけではない。
ジェリド中尉はやはり素で間違えたと思われる。
しかし、この間違いほどジェリドの名誉挽回かつ汚名返上の気持ちをあらわしたものはないであろう。
現にジェリド中尉はエゥーゴの汚い罠にハマって壮絶な最後を遂げたものの、
それまでは立派にジャミトフ将軍の命を守ったことなどをはじめ、
ティターンズの一員として立派だったとしかいえない。

バスク大佐の演説については、「ティターンズ血風禄」(林葉良子:民明書房)に詳しい。

226 :通常の名無しさんの3倍:04/06/16 15:51 ID:???
>>1
ティターンズの悪行をそらすために、捏造をしているのはそちらだ。
30バンチ事件はサイド2ではなく、サイド1である。
それについてサイド2だと書いている。
サイド2に30バンチがあろうと無かろうと関係ない。
サイド1の30バンチこそが事件の発端だからである。

227 :通常の名無しさんの3倍:04/06/16 17:12 ID:???
ティターンのティタン(Titan)は巨人とか支配者のほかに賢者って意味もあって、
視野を広く持ち、自らが汚名をかぶろうとも全体の利益が守られるなら甘受する
のが賢者というものだ、という意味もあってつけられたものらしい。
そういう広い視野を持てない視野の狭い者を俗人といい、これは後に流行語にも
なったね。

228 :通常の名無しさんの3倍:04/06/17 13:49 ID:???
シャアは言われるほど悪人じゃないよ。
ガルマを死なせたのも実際には功をあせるガルマを止め切れなかった
だけだし、そのあとの「坊やだからさ…」ってのは、「ガルマは死んだ、
何故だ!」に対して「自分が未熟な坊やだから守りきれなかったのさ」
という自虐の台詞だよ。

229 :通常の名無しさんの3倍:04/06/17 23:22 ID:GZJfwEsa
軍人として無能な方がもっとタチが悪いような気がしますが。
シャアは5隻撃破したのが仇となって、ジオンに結果的にその指揮官としての無能さで
多大な害を与えたな。
ジャブロー強襲作戦だって、あれでキャリフォルニアの基地の戦力を消耗しつくしてしまったんだろ?
ばかなだけだろ。

230 :通常の名無しさんの3倍:04/06/18 00:24 ID:vD0fNVHG
>>225
>>現にジェリド中尉はエゥーゴの汚い罠にハマって壮絶な最後を遂げたものの

そうなんだよな、卑怯にもエゥーゴはGmk2の開発者のビダン博士の息子を拉致し
て洗脳したそうで。
ジェリドは恩師の息子にこんな形で再会したので動揺して、そして・・・・ううぅ。

231 :通常の名無しさんの3倍:04/06/18 15:26 ID:sja1u8yP
>>231


232 :通常の名無しさんの3倍:04/06/18 15:29 ID:???
>>231

エゥーゴは罠に嵌めて開発の中心者であるビダン夫婦を殺した。
しかも汚いことに、何も知らなかったジェリドに撃たせた。
ファ・ユイリィのせいで洗脳されていたカミーユは、両親を殺し、
かつその罪をティターンズのジェリドに転換させることをやった。
恐るべきはエゥーゴの洗脳術。


233 :通常の名無しさんの3倍:04/06/19 13:40 ID:o7v7ZFxc
最近は、カテジナ・ルースの汚名も回復されつつあるね。
一方ではシャクティーに対する研究も進みつつある。

「宇宙世紀の悪女といえば、かつてはキシリア・ザビまたはハマーン・カーン、
そしてカテジナ・ルースと相場は決まっていたものだが、最近では、シャクティ・カリンこそが、
最大の悪女であるとの評価がされつつある。
彼女の悪行の一部は隠され、一部は巧妙に転嫁されている。
その犠牲者の一人がカテジナ・ルースであるといえる。
シャクティーは、ヴェスパ、リガ・ミリティアをウッソやクロノクル、そしてマリアやカガチ、ジン・ジャナハム
などを通して巧妙に動かし、戦争を長引かせた。
彼女は徹底した選民思想であり、愚民たちの数を減らすことこそが彼女の使命だと考えていたようだ。
その屈折した理想主義は多大な犠牲を生み、1年戦争以来の人口減を地球圏にもたらした。

シャクティの悪行としては、やはりエンゼル・ハイロウにおける地球圏への放射であろう。
これについては、カガチやマリアなどは反対であったが、シャクティは押し切り、二人を監禁してまで
強行した。
このために、サイキッカーたちを強制連行し、装置に組み込むという、恐ろしいことまで平気で行った。
また、実母のマリアの排除さえもたくらみ、巧妙にタシロとカガチの間を裂き、ウッソなどにも示唆させて
この2人を殺している。
また、リガ・ミリティアにも恐るべき巧妙な手段でミスリードを誘い、ほとんど全滅に近い損害を与えた。
こうして両軍ともを疲弊させ、双方の間を巧妙に泳ぎまわり、エンゼルハイロウによる地球圏の
支配をたくらんだのがシャクティーであった。
しかもその計画が失敗に終わるや、巧妙に立ち回り、ウッソの庇護下についには追求を逃れきっている。

一方でカテジナ・ルースの悪行は多くが言いがかりか、シャクティによる転嫁であった。
代表的なネネカ隊の出撃も、シャクティの支持であった。これはカテジナの知らないところで行われ、
MSパイロットとして多大な努力の元に育成したネネカ隊を裸で出撃させるという愚挙により、
カテジナは一挙に手足を失った。カテジナはシャクティーの悪行をとめようとしており、
その先手を打たれたのであえる。
また、カテジナによる功績として、リガ・ミリティアのSSともいえるシュラク隊をとめたことが挙げられる。
シュラク隊は恐るべき残忍さで虐殺を繰り広げており、そしてそれをヴェスパの仕業と喧伝する、
おそるべき政治的部隊であった。
ザンスカールのギロチンの名を定着させたのも、シュラク隊の政治的宣伝であり、ザンスカールは
本人の望みで伯爵の望みで製作したのみで、実際には一回も使用していないのである。
シュラク隊の愚行は、カテジナによってとめられるまで、数百万人の犠牲者をだしたという。
また、クロノクルを悪の道に引き込んだという評価だが、逆に暴走していくシャクティに洗脳された
クロノクルをなんとかとめようとしていたのが真実であり、献身的なまでの優しさをみせていた。
カテジナは同じく洗脳されたウッソをもとめようとしており、カテジナがいなければ、
シャクティーの地球圏支配はあやうく完成していたところであった。
最終的にエンゼル・ハイロウが分解したのもカテジナの功績であり、それは意図的に無視されてきていた。

カテジナ・ルース嬢こそは、真に正義を愛する優しき女傑であり、宇宙に咲く一輪の美しい花であった。
そしてシャクティーこそが、人類を危うく滅ぼしかけた、悪女中の悪女であったのである。」

「シャクティーとカテジナ、悪女と聖女」(民明書房刊)





234 :通常の名無しさんの3倍:04/06/20 01:57 ID:???
そこまでいくと嘘臭い。
民明書房をソースに使うのやめれ。

235 :通常の名無しさんの3倍:04/06/20 02:08 ID:???
そもそも民明書房は旧世紀の低俗文化(ポンツィアート)で描かれた
架空の学術系出版社じゃないか

236 :通常の名無しさんの3倍:04/06/20 06:12 ID:???
>>235
それは言わないお約束

237 :通常の名無しさんの3倍:04/06/20 07:51 ID:v0rIU+dd
それ系(民明書房や太公望書房)でないと、
ネタでないと勘違いする奴が出てこないともかぎらないのでは?
これらなら、明らかにネタだから、文句付けてくる方が馬鹿。

238 :通常の名無しさんの3倍:04/06/20 14:46 ID:???
まあ、黒子に対して「舞台の上でチョロチョロすんなよ!」ってつっこむくらいに無粋だよな

239 :通常の名無しさんの3倍:04/06/21 01:20 ID:???
俺がガキのころ、ジャンプに「民明書房刊」と書いてあるのをみて、
最初、実在の出版社かと思たよ

もちろん、途中からネタだと分かったけど

歳がバレルかな?

240 :通常の名無しさんの3倍:04/06/21 09:41 ID:???
余談だが、半地下出版社であるピープライト・パブリッシャーは元民明書房社員が創設したらしい
地球上での出版活動に限界を感じた心あるジャーナリスト達中心となって真実を伝えるべく月に活動の場を移したのが発端
しかしながら出版社名のみで、その所在も編集者名も明かさなず、少部数オンライン販売のみなのは何故か?
どうやら当局の弾圧というよりも過激なスペースノイド解放派の襲撃を避ける為だとか
言論統制どころじゃないよな、真実を伝えようとする行為すら迫害されるとはね
だから未だに捏造された歴史がまかり通っているんだよ
とはいえピープライト・パブリッシャーの出版物は高い評価を得て各コロニーから注文殺到しているそうだから、スペースノイドにもまやかしに誤魔化され無い人々もいるみたいだ

241 :通常の名無しさんの3倍:04/06/21 12:01 ID:???
良ネタスレだったのに、>233で一気に萎えた・・・

242 :通常の名無しさんの3倍:04/06/21 16:58 ID:???
>>241
禿同。
なんかオナニー色が強いんだよな>>233は。

243 :通常の名無しさんの3倍:04/06/22 12:04 ID:???
もうちょっと、こう、もっともらしく書けないもんかね。
事実に反して適当に捏造するだけの底の浅い書き込みだと>>233みたいになる。



キャスバルはシャア・アズナブルとしてジオンの英雄だったけど、あれって実は
アムロに勝ったこと一回も無いんだよね。全て敗北か引き分け。
これは戦勝国・敗戦国それぞての記録が一致するので、キャスバルがアムロに
勝ったことが無いというのは事実だと思う。

自らの意思で出奔して連邦に落籍され、戦後も為替取引などで独立した生計を立てた芯の強い
アルティシアと異なり、キャスバルは気の弱いネガティブ思考の子だった。
ジオンの血筋であるはずのアルティシアが亡命したという不祥事もあり、キャスバルはその責任を
取らされる意味もあって、ザビ家の手により、半ば強制的に軍に入隊させられることになる。

このときキャスバルの監視役を引き受けたのがガルマ・ザビ。その事実を隠しての入隊とはいえ、
キャスバルはジオンの血筋。ザビ家としては信頼のできる人間に監視させる必要があった。
ザビ家は独裁色が強く、勢力は強いものの真に信頼できる手ごまに乏しかったので、ちょうど年の
近かったガルマに任せる以外なかったわけだ。
このときキャスバルに与えられた名前がエドワウ・マス。亡命したアルティシアがマス家の名前を
使っていることはザビ家も察知していたので、アルティシアへの牽制と皮肉をこめて、キャスバルには
アルティシアと同じマス家の名前を名乗らせたわけだ。
しかし士官学校でエドワウ=キャスバル説が浮上してしまったため、シャア・アズナブルという別の
名前を与えられ、顔に傷があるからという名目で(実際このとき傷を作った)マスクの常時着用を
義務付けさせたわけだ。
もちろん対外的にはキャスバルが自発的にマスクをかぶっていることにしていた。
記録も、卒業と同時に、エドワウという人物は士官学校に存在せずシャアという人物が存在したと
書き換えられた。本当はこのとき殺してしまってよかったのだが、ガルマがこれを助けた。以後シャアは
ガルマに恩を着せられガルマのために働くことになる。

ガルマのために働く日々の中で、シャアは虚勢を張り大言壮語をもって周囲を騙し自らを鼓舞する
ことを覚えた。
悪い言い方をすれば、このときのシャアは、要するに口先野郎だったわけだ。ガンダムに一度として
勝てなかったわけだが、全て舌先三寸で誤魔化した。そして「シャアだったからこそ引き分けに
もちこんだ。他の将なら負けていた」と印象付けることに成功した。
シャアの名声があがるのは飼い主ガルマにとっても都合が良いから、ガルマも積極的に協力した。
ザビ家にとって好ましくない将兵のMSに細工をしガンダムに負けるように仕向けた上で対決させる
こともあった。(主な犠牲者は黒い三連星である)
こういった中、シャアは、周囲を騙すやりかた、誤魔化すやりかた、一般兵の扇動のしかたなどを身に着けたわけだ。

まぁ、最終的には、ガルマはシャアに裏切られたわけだが。
一説にはシャアはガルマを慕っていてガルマを死なせたことを「(自分が)坊やだから(ガルマを守れなかった)」と
自虐したとも言われている。が、これは恐らくシャアの情報操作であろう。士官学校時代から監視され、
顔に醜い傷をつけられ、そしてピエロとして働かせたガルマを、シャアが慕うはずがない。

敗戦後、ガルマの元で政治的な謀略や一般兵扇動の手法を学んだシャアは、エゥーゴに身を寄せる。
勝者につかねば甘い汁は吸えないと学んだからだ。
しかし、凄腕パイロットと軍を挙げて宣伝してくれたジオン時代とは異なり、エゥーゴには強化人間カミーユ等
本物の腕を持つパイロットもいたことで、シャアのクワトロ・バジーナとしてのMS戦績は色あせたもので
あった。ぶっちゃけ、たいしたことが無い。ライバルとされたアムロにさえ呆れられる散々なものであった。
結局シャアはハマーン・シロッコと三つ巴になったのを良いことに逃亡する。その後、パイロットとしてではな
く政治家として一般兵を扇動しネオ・ジオンを形成するが、行きがかり上アムロと一騎打ちするハメになり、
あっさりと敗れている。

シャアはパイロットとしては二流であり、シャアの得意とするところは、むしろ政治であったわけだ。

244 :通常の名無しさんの3倍:04/06/22 13:33 ID:???
>>243

全然もっともらしくないんだが・・・。
>>233の方がましじゃないの?

245 :通常の名無しさんの3倍:04/06/22 15:10 ID:???
まあようするに
長文ウゼーってことでFA?

246 :通常の名無しさんの3倍:04/06/22 15:36 ID:???
>>243の話は1年戦争後、キシリアの秘書官をしていた女性が
連邦の戦後処理調査官に漏らした話だと聞いている。(民明書房刊 「戦争の証人達 〜傍観の1年戦争〜」より)

彼女の証言や、当時のキシリア少将のスケジュール記録、他の士官の目撃証言から
ア・バオア・クー戦の直前、キシリアがシャアと面会している事は間違いないようだ。
この時の会話でキシリアは、初めて「シャアがキャスバルだ」と知ったという。

とすると、>>243に大きな矛盾点が出てくる。ザビ家がバックアップしたキャスバルを、ザビ家でも
情報収集能力に長けていたキシリアが知らない訳がないのだ。
無論、これはギレンにも同様のことが言える。ではキシリアとシャアの会見は何を意味していたのか?

キシリアはギレンと対立していた。そしてキシリアの配下には多くの特殊部隊・特殊機関が存在していたという。
彼女が、ギレンと事を構える時に必要な「優秀な部下(私兵)」を欲していたのは明らかだ。
有名なところでは、深紅の稲妻ジョニー・ライデンがいたという(蓬莱新聞社 「消えた兵士たち」より)。
あの会見は、あくまでもシャアの素性を知らなかったとし、自分の陣営へ引き込む為のものだったのではないかと推測できる。
(※ギレンが沈黙していたのは、キシリアに対する切り札として温存していた節がある。ただ、切り札として弱くなった
  シャアの存在を、ギレンは最終防衛戦のドサクサで処理するつもりだったようだ(「消えた兵士たち」)

キャスバルの目的がザビ家への復讐だったため、結局キシリアの目論見は空回りに終わる。
むしろ、キャスバルというカードを手に入れたことで大胆になったキシリアが、ギレンの「父親殺し」の罪を
戦闘中に処断するという普段からは考えられないような行動に走らせたともいえる。
もしこれがキャスバルが目論んだ通りの展開であるなら、ガンダムとの敗戦も計算されたものだったのかもしれない。
(実際、ガルマを謀殺したのも、ガンダムの部隊を利用している事であるし・・・)

247 :通常の名無しさんの3倍:04/06/22 16:22 ID:???
>>243は普通にOKだが>>233はダメぽ。

248 :通常の名無しさんの3倍:04/06/22 16:31 ID:???
あまり長いと読む気しない

249 :通常の名無しさんの3倍:04/06/22 17:38 ID:???
同感。

250 :通常の名無しさんの3倍:04/06/22 19:28 ID:???
ネタスレなんだから、まずネタを書き込んでから文句言えよ

251 :通常の名無しさんの3倍:04/06/26 20:11 ID:???
…宇宙移民第一世代より農作物の品種改良は宿命ともいえたが
彼等は農地用の土の購入から月面農協に借り入れておりモチベーションの維持に問題が…
(略)
南米のコーヒー豆有数の産地の一つ、セラード高原の壊滅、地球の天候不順の誘発、地上の第一次産業の弱体化。
安価・安全な品質を保持できないルナリアンの嫉妬の表れ、それがジオンのコロニー落しへの資金援助であろう。
これは旧世紀の十字軍が宗教的意味合いよりも商業都市の依頼で出兵したことの繰り返しであると…
(略)
しかしながらコロニーの人々は莫大な関税にも関わらず地球産の豆を求め…
…余談ながら宇宙要塞ソロモン指令ドズル・ザビもアフリカ産の豆を好み、
副官ラコックに使用するよう命じたという。
(略)
連邦軍要所が何故コーヒー豆の有名産地に建設されたのかこれでお分かりだろう。
旧世紀・大航海時代がヨーロッパの大量の香辛料の需要から始ったように
宇宙世紀の現在も経済戦争は食卓から始っているのである。

「グラナダで朝食を」(民明書房刊)

そういえばコーヒー屋のムンバ、ムーンバックスの名前の由来って知ってる?
月の裏側=MOON BUCK から来ているらしいよ!

252 :通常の名無しさんの3倍:04/06/30 06:03 ID:Me0QxKRG
233はネタの着眼はいいが文章が稚拙
「俺語録」(民明書房刊)

253 :通常の名無しさんの3倍:04/06/30 11:09 ID:???
それに加えて、反応して話を続けるってのがしにくいんだよな。
やっぱりオナニー文章だ。

254 :通常の名無しさんの3倍:04/07/02 12:27 ID:WfaNXv5Y
まあネタは歓迎です。


255 :通常の名無しさんの3倍:04/07/02 12:58 ID:???
良スレ

256 :通常の名無しさんの3倍:04/07/02 13:07 ID:???
>>251
(・∀・)イイヨイイヨー

125 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)